人生に、もふもふを。

産まれてすぐに母親と離ればなれになった小さな子猫。優しい家族の元で愛情を知り、美しい猫へと成長する!

0

今から1年半前、養育ボランティアをしているジェシカさん(@fosterkittensofpasadena)は、メールの着信音で目を覚ましました。メールの中には、養育が必要な子猫が保護施設に運ばれてきたことが書かれていました。ジェシカさんはメールを見た瞬間、子猫を助けなければと思ったそうです。

手のひら子猫出典:instagram.com

『サイダー』と名づけられた子猫は、4週齢未満で全身の毛がボサボサだったそうです。

「サイダーはひとりでいることに慣れていて、いつもひとりで遊んでいました。彼女はとても勇気があり、大きな犬にも恐れずに自分から向かっていきました」とジェシカさんは言いました。

見上げる子猫出典:instagram.com

サイダーの身体はとても小さかったため、ジェシカさんはシリンジでご飯を食べさせる必要がありました。サイダーはいつもご飯が口元に運ばれてくると、驚くほどの勢いでご飯を食べ始めたそうです。

丸い子猫出典:instagram.com

サイダーは家に来た時はひとりで過ごしていましたが、ジェシカさんと接しているうちに徐々に変わっていきました。誰かに愛情を注がれることが大好きになったのです。サイダーは自分のベッドよりも、ジェシカさんのベッドの方が何倍も好きになりました。

幸せ顔の子猫出典:instagram.com

しばらくの間、24時間体制の世話を続けると、サイダーの体重は徐々に増えてきました。そして、身体の大きくなったサイダーは、固形食を食べる方法を学び始めたのです。

包まれる子猫出典:instagram.com

サイダーが何か新しい事ができるようになる度に、ジェシカさんは大きな喜びに包まれたそうです。

可愛い子猫出典:instagram.com

そんな頑張り屋のサイダーは、何か叶えたい要望があると、ジェシカさんをじっと見つめながらおねだりをしてくるそうです。ジェシカさんはその愛らしい姿に、どうしても断ることができないそうです(*´ω`*)

見上げる子猫出典:instagram.com

サイダーが来て2週間後、ジェシカさんの家に母親いない子猫『アップル』がやって来ました。サイダーは友達と遊ぶ事ができて、とても興奮していたそうです。

遊ぶ子猫出典:instagram.com

サイダーはすぐにアップルを連れて、家の中を案内し始めました。

「サイダーにアップルを紹介して以降、私とサイダーが話す時間が減りました。2匹の猫はお互いの身体に触れ合いながら、いつも何かを伝えあっているようでした」とジェシカさんは言いました。

お友達と子猫出典:instagram.com

ジェシカさんのおかげですっかりハグ好きになっていたサイダーは、アップルにハグの方法も教えたそうです。

一緒の子猫出典:instagram.com

とっても小さかったサイダーは、その後もすくすくと成長し…

パソコンと子猫出典:instagram.com

数週間でこんなに大きくなりました。

見つめる子猫出典:instagram.com

そして、サイダーの体重は8週齢で900gになりました。サイダーの成長をずっと見守ってきたジェシカさんは、サイダーが新しい家に行く準備が整ったことを感じました。

気になる子猫出典:instagram.com

その後、施設のスタッフ達は両方の子猫に素敵な家を見つけました。

くつろぐ子猫出典:instagram.com

ジェシカさんにとって子猫達との別れは辛いものでしたが、新しい家で子猫達が愛され、家族の一員として幸せな生活を送れることに、大きな幸せを感じたそうです。

持たれる子猫出典:instagram.com

ジェシカさんのおかげで人間好きになったサイダーは、すぐに新しい里親さんに抱きついて、膝の上で眠り始めたそうです(*´ω`*)

くつろぐ子猫出典:instagram.com

そして、サイダーは1歳を迎えました!

元気な猫出典:instagram.com

サイダーは優しい里親さんの元で、こんなに美猫さんへと成長したのです♪

成長した猫出典:instagram.com

こちらはまだ幼かった頃のサイダーの様子です。(動画)

@fosterkittensofpasadenaがシェアした投稿

こうしてサイダーはジェシカさんのおかげで、素敵な家を見つける事ができました。サイダーの姿を見ていると、今の生活に満足している事がよく分かりますね(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう