人生に、もふもふを。

ガレージの片隅に置き去りにされていた猫。保護主さんの優しいハグがとっても嬉しくて… (6枚)

0

ある日、保護施設『キティ・アドベンチャー・レスキュー・リーグ』のカリン・ボルリンさんは、十分に世話をされずに、ガレージの片隅で置き去りにされていた猫を保護しました。猫は12歳の初老のオス猫で、耳が聞こえなかったそうです。

猫と女性

人間の愛情にずっと憧れていた猫は、施設に着いてすぐにカリンさんに抱きつきました。そしてしばらくの間、幸せそうにハグを続けたのです。

「彼はキャリーケースから出た瞬間、私達に飛びついて来ました。彼は私達のことをすぐに気に入ってくれたようです。また、彼はとても寂しがり屋で、私達が部屋からいなくなると、すぐに大きな声で私達を呼び始めたのです。愛らしい彼の姿に、私の心は幸せでいっぱいになりました」とカリンさんは言いました。

その後、カリンさんと夫は、自分達の施設で猫の面倒を一生見ることに決めました。

見上げる猫

猫の毛はところどころ抜け落ちていて、虫歯が何本もありました。でも猫は救ってもらえたことが嬉しくて、カリンさん達にたくさんの愛情を返して来たのです。

「彼は今まで出会った中で一番愛情深く、甘えん坊な老猫です。彼はいつも柔らかいものをフミフミしていて、頭を撫でられるのが大好きです。」

ナデナデされる猫

新しい家に来てから1日も経たないうちに、猫はすっかりハグやスリスリが止まらなくなってしまいました。

幸せそうな猫

猫は施設に暮らす他の猫達とも上手くやっていますが、やはり一番好きなのは、カリンさんの腕の中でフミフミをすることだそうです♪

ナデナデ猫

猫は施設で暮らす大家族を愛し、カリンさん達とのハグの時間を楽しんでいます。猫はもう自分が独りぼっちではないことを知っていて、毎日の生活を全身で楽しんでいるのです。

幸せそうな猫

カリンさん達は障害のある猫や難病の猫、高齢の猫などを施設に迎え、生涯の世話を行なっているそうです。きっと保護された猫も、最期を迎える瞬間まで、幸せを感じながら生きていくことでしょう。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう