人生に、もふもふを。

寒さの中で全く動かなくなっていた猫。助けてくれた優しい夫婦に、感謝の気持ちが止まらない! (7枚)

0

厳しい寒さの中、熱心に野良猫の保護活動を行なうローラさんとその夫が、自宅の近くで固まったまま動かない猫を発見しました。

「私は最初、猫が全く動かず、目が閉じられていたため、既に死んでしまっているのかと思いました。私の夫には彼の姿が ”猫の置物” のように見えたそうです」とローラさんは言いました。

見上げる猫

夫婦が近づいて行くと、猫は夫婦の方を向きました。そして、身体を震わせながら、助けを求めて鳴いてきたのです。

「私達は猫が動いたことに驚き、生きていたことにほっとしました。彼は誰かが助けに来てくれることをじっと待っていたようです。」

撫でられる猫

夫婦は猫を家の中で温めた後、獣医さんのところへと連れて行きました。猫は助けてもらえたのがとても嬉しかったようで、動物病院に向かう途中、大きな声で鳴いてきたそうです。

Just left a continuing education course on "managing stress" in Port Huron (What's stress management?) and passed a little shack of a house, in a poor area, with a cat pancaked against the window outside. It's -2 with wind chills and 30 mph winds today…
Matt argued me that it was a statue and not a real cat. We turned around and noticed he wasn't moving, so I knocked on the door and the homeowner told me he WAS a real cat and has been outside awhile and there are "lots of strays that get left by neighbors".
Poor guy came right up to us, shaking, his ears almost completely eaten away by frost bite. He was giving up We managed to get him warmed up and we are at the vet now getting him looked over. He's skinny, his ears are a mess, he's matted, but he's one of the most lovable kitties I've ever rescued from that kind of traumatic situation.

Snow's Pageさんの投稿 2017年3月14日

猫は約1〜1.5歳で、耳に重度の凍傷を負っていました。また、ほとんどご飯を食べていなかったため、とてもやせ細っていました。

猫は保護から数時間後に、夫婦の家に戻って来ました。猫は家の中を一通り確認した後、夫婦が用意した毛布にくるまり、大きな音で喉を鳴らし始めたそうです。

覗く猫

夫婦は猫に『ポーター』と名づけました。ポーターは暖かい家とベッド、そして夫婦の献身的な看病で、徐々に元気を取り戻していきました。

家に来た猫

「この寒さと強風は、もうしばらく続きそうです。でも、ポーターはもう寒さを心配する必要はありません。彼は今朝も、陽の当たるキャットタワーの上で、静かに日向ぼっこをしていました。」

ご飯を食べる猫

「ポーターはとても疲れているため、一日中キャットタワーから移動しません。でも、彼は既に私達のことを受け入れているようで、私達が近づいても警戒しなくなりました。」

ナデナデ猫

「どうやらポーターは安全な家の中で、暖かさを楽しんでいるようです。」

振り向く猫

こうして寒さの中で動けなくなっていたポーターは、優しい夫婦のおかげで命をつなぐことができました。ポーターはもう寒さに震える必要はありません。辛い時期を乗り越えたポーターには、温かい家族と幸せな毎日が待っているのです。

出典:pawsforthecauseferalcatrescue.org

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう