人生に、もふもふを。

後ろ足を麻痺しながらも元気に生きる子猫。自分と同じ境遇の子猫を、ぎゅっと抱きしめて癒し続ける (8枚)

0

ある日、後ろ足を引きずりながら庭を歩いている子猫『トレイ』が発見されました。トレイを発見した女性は「この子が野外で暮らして行くのは難しいだろう」と考え、すぐに子猫を保護すると、保護施設『ケラーズ・カッツ』へと連れて行ったのです。

小さな子猫

「トレイの足の麻痺は生まれた時からなのか、怪我によるものなのかは分かりません」と施設の創始者のカーラ・ウェラー・バークリーさんは言いました。

「幼くしてハンデを負ったトレイですが、彼女はとても元気で、誰にも彼女を止めることはできません! 彼女は毎日を楽しみながら、力強く生きています。」

オムツ子猫

そんなトレイの元に1匹の子猫がやってきました。トレイと同じように後ろ足が麻痺している子猫の『デリラ』です。

歩く子猫

デリラは施設の近くにある動物病院に運ばれて来た子猫でした。トレイに友達が必要だと思っていたカーラさんは、デリラを引き取ると、早速トレイに会わせてみたのです。

するとふたりは出会った瞬間に結ばれました!

仲良し子猫

遊ぶときも眠るときも一緒のふたりは、お互いに幸せを分かち合っているようです。

一緒の猫

また、デリラを抱きしめるのが大好きなトレイは、いつもこんなに可愛い姿を見せてくれるそうです♪

抱きつく子猫

それからしばらくして、カーラさんは小脳性発育不全で身体がグラグラする子猫『スピリット』を連れて帰りました。トレイとデリラはすぐにスピリットを迎え入れると、たっぷりと毛づくろいをして、喉をゴロゴロと鳴らし始めたそうです。

「私は3匹の子猫の楽しそうな姿を見るのが大好きです。彼らは一緒に遊んで、眠って、お互いをキレイにします。愛情深いトレイは、スピリットが頑張ってベッドまで歩いて来ると、ぎゅっと抱きしめて優しく毛づくろいをしてあげます。そして、デリラもトレイと同じことをしてあげるのです。」

仲良し子猫

3匹の子猫は特別な絆で結ばれています。子猫達はお互いに受けた愛情を、10倍にして返しているのです。

トレイとデリラが出会った時、トレイはカーラさんから受けた愛情をデリラに注ぎました。そして、新しく来たスピリットには、トレイとデリラからたっぷりの愛情を注いだのです。子猫達はお互いに必要としているものが分かっているようで、いつも励まし合いながら、愛情と快適さを届け合っているのです。

幸せ子猫

こちらはトレイが元気に遊んでいる姿です。デリラはその様子が気になったようで、近くまで見に行きました。(動画)

The litter box has been fun with Trey…clumping litter is a no go as it sticks to her…so I tried pellets and she thought it was a sandbox rolling around in it and throwing them all over…so I figured I woukd try a puppy pad…how do you think the puppy pad is working……..

Keller's Katsさんの投稿 2016年8月30日

こうして後ろ足を麻痺したトレイは、自分と似たデリラと出会い、さらにスピリットと出会いました。お互いのことを大切に思い、愛情を注ぎ合う3匹の姿に胸が熱くなりますね。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう