人生に、もふもふを。

茂みの中から救出された、驚くほど小さな子猫。生きるために戦い、つい幸せを手に入れる! (9枚)

0

子猫の『スチュアート・リトル』は、母親と6匹の兄弟と共に茂みの中から見つかりました。未熟児だったスチュアートは、兄弟達とは大きさが全く違い、リップクリームよりも少し大きいくらいのサイズしかありませんでした。スチュアートの発見者は、すぐに親子を保護すると地元の保護施設へと連れて行きました。

施設に運ばれて来たスチュアートでしたが、スタッフはそのあまりの小ささに、生き延びることができるか分かりませんでした。しかし、できる限りのことをしようとスタッフ全員が決心したのです。

小さな子猫

「母親は栄養失調になっていたため、子猫達に十分にミルクを飲ませることができませんでした。とくにスチュアートは最悪の状態でした」とスタッフのアマンダ・レアさんは言いました。

さらに悪いことに、施設に入った母猫が子猫達の世話をやめてしまい、食事も取らなくなってしまったのです。詳しい理由は分かりませんが、もしかしたら施設に入ったことがストレスになってしまったのかもしれません。そのためアマンダさんは母猫の安全のために、子育てから解放し、自然の多い保護施設へと移しました。

そして、母猫の代わりにアマンダさんがスチュアートや兄弟達の人工哺乳を始めたのです。そのおかげで、スチュアートの体重は1週間で2倍になりました。

見つめる子猫

スチュアートの身体の大きさは、少しずつ兄弟達に近づいていきました。

大きさの違い

その後、養育主さんの家へと移ったスチュアートは、ベッシーという名前のお母さんと出会いました。

可愛がられる子猫

新しい家で暮らし始めたスチュアートは、無事に生後6週目を迎えることができました。

手の中の子猫

この頃にはすっかり好奇心に溢れ、家の中を元気に走り回るようになったそうです。

頭にくっつく子猫

そして、生後8週目でこんなに大きくなりました。リップクリームと比べると、どのくらい大きくなったかが分かりますね。

リップクリームと子猫

さらに成長したスチュアートは、無事に新しい里親さんの元へと旅立っていきました。

いい表情の子猫

迎えられた家で新しい友達と出会ったスチュアートは、楽しい毎日を過ごしているそうです♪

毛づくろいされる子猫

こうして茂みの中から救出されたスチュアートは、無事に命をつなぐことができました。辛い時期を乗り越えてきた分、優しい里親さんにたっぷりと甘えて、幸せな毎日を送っていって欲しいですね♪

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう