人生に、もふもふを。

人間の優しさを知って、ハグが止まらなくなった子猫。ちょっと変わった姿の子猫は ”幸福を呼ぶ子猫” でした (*´ω`*) 7枚

0

生後5週の多指症の猫『カルビン』は、2匹の兄弟と共にエニックさんに保護されました。家に来たばかりの子猫達はみんな感染症にかかっていて、人間をひどく恐れていたそうです。

見つめる猫

「私が子猫達を捕まえた時、彼らはとても怖がっていました。きっと彼らは人間と接したことがなかったのでしょう」とエニックさんは言いました。

しかしその後、子猫達に変化が起きました…

伸びる猫

子猫達は人間がそんなに悪い生き物ではないことが分かったようで、徐々にエニックさんに心を開いていきました。中でもカルビンは人間のことが大好きになり、すっかりハグの魅力に取り憑かれてしまったのです♪

眠る猫

エニックさんは最初、3匹全てを里子に出そうと考えていました。しかし、一番成長の早かった子を見送った時、とても寂しい気持ちに襲われました。そこでエニックさんは残った2匹にカルビンとホッブスと名づけ、正式に家族に迎えることにしたのです。

手に捕まる猫

2匹は家に来た時から息ぴったりで、いつも一緒に家の中を支配しているそうです♪

横になる猫

カルビンは多指症のため、とっても可愛い親指を持っています。

可愛い猫

エニックさんはその手でギュッとされると、最高の幸せを感じるそうです♪

ぎゅっとする猫

多指症の猫は『幸福を呼ぶ猫』と言われています。どうやらカルビンも、大好きなエニックさんの元に、たくさんの幸せを運んで来ているようです♪

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう