人生に、もふもふを。

森の中を彷徨っていた子猫を、どうしても救出したかった5歳の少女。少しずつ信頼を築き上げ、ついに子猫が心を開くと… (8枚)

0

2014年8月の夏の日のこと。ブリトニー・ジャクソンさんと夫と2人の娘達は、湖を囲む森の中で痩せ細った子猫を発見しました。

「子猫は私達に興味があるようでしたが、決して私達を近づかせようとしませんでした」とブリトニーさんは言いました。

女の子にくっつく子猫

家族は子猫を保護しようとしましたが、幼い子猫はそれを拒否しました。どうしても捕まえることができなかった家族は、子猫を諦めようとしました。しかし、5歳の娘のエミーだけは子猫を残していくことを拒んだのです。

「エミーは、子猫が私達のことを信頼すれば、良い猫になることを知っていました。私達は一度近くの店にイワシの缶詰を買いに行き、再び子猫の保護に挑んだのです。」

それから1時間が経過した頃、子猫はようやくご飯を食べる決心をしました。子猫は缶詰の匂いを嗅ぐと、ものすごい勢いで食べ始めたのです。

女の子に抱っこれる子猫

新しい家に着いた子猫は、すぐに物陰に隠れてしまいました。そして、どんなに小さな音にも反応し、常に驚いていたそうです。

女の子と一緒に眠る子猫

「私は子猫がとても野生的だったため、家猫になるのは難しいと考え始めました。しかし、エミーは決して子猫のことを諦めませんでした。」

子猫がいつか必ず心を開いてくれると信じていたエミーは、ブリトニーさんに「彼は世界で一番特別な猫で、彼は私の猫なの」と話したそうです。

エミーは子猫が愛されたいと思っていることを知っていました。そして、子猫に愛を教える人が必要だと感じていたのです。

女の子と一緒の猫

毎日エミーは子猫に語りかけました。学校であったことやクリスマスに欲しいものなどを話し、全てのことを分かち合おうとしたのです。

「エミーは子猫に触れながら、どれだけ愛しているかを伝え続けました。そして、子猫は少しずつ心を開いていったのです。」

いつも一緒の女の子と猫

エミーは子猫に『ダシー』と名づけました。

エミーはいつもダシーに寄り添いながら、ここが安全な場所だと教えてあげました。そして、完全にエミーを信頼したダシーは、今度は自分の方からエミーに愛情を返し始めたのです。

「現在2歳になったダシーは、本当に素晴らしい猫です。彼は私の子供達をいつも見守ってくれます。特にエミーには、誰もが驚くほどの愛情を注いでいるのです。」

いっしょに眠る女の子と猫

「ダシーは毎日家の中をブラブラしながら、エミーが学校から帰ってくるのを待ちます。そして、エミーが帰宅すると、内緒話や心配事を聞いてあげるのです。」

幸せそうな女の子と猫

「ふたりは毎晩、お互いに抱きしめ合いながら眠りにつきます。そして、エミーが病気で弱っている時は、ダシーは絶対にエミーのそばから離れようとしないのです。」

「ダシーはエミーの親友であり、保護者です。私はエミーの心をいつも温めてくれる、愛情深いダシーにいつも感謝しています。」

抱き合う女の子と猫

エミーとダシーはもう離れられない存在なのです。(動画)

Dassy knows when his girl sick

Britnee Jackson Valdezさんの投稿 2017年1月24日

こうして森の中から助け出されたダシーは、エミーの優しさに心を開きました。ダシーは毎日、たくさんの幸せをくれるエリーに感謝し、数え切れないほどの「ありがとう」を伝えているのです♪

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう