人生に、もふもふを。

山の中で出会った2匹の母猫。登山者に駆け寄り、9匹の子猫を助けて欲しいとお願いしてきた! (7枚)

0

ある日、アレクサンドラさんが友人達と一緒にハイキングに出かけた時のことです。登山口を目指して森の中を車で進んでいると、友人の一人が突然「あそこに猫がいる!」と叫んだのです。

ダンボールと子猫達

猫は砂利の上に座りながら、車が止まってくれるのを待っているようでした。そして、アレクサンドラさん達が車を止めて車外に出ると、まっすぐに近づいて来て足に身体を擦りつけてきたのです。

アレクサンドラさんが辺りを見渡すと、森の中からたくさんの子猫達がこちらを見ていました。

森の中の子猫

子猫達は人間に慣れていなかったようで、怖がって森の中へ逃げ出しました。しかし、アレクサンドラさん達が子猫達の保護を始めると、2匹の母猫が手を貸してくれて、無事に9匹の子猫達を捕まえることができたのです。どうやら母猫達は誰かが助けてくれるのをずっと待っていたようです。

ハイキングを中止したアレクサンドラさんは、そのまま自宅に戻り、猫の親子にご飯を食べさせ、全身を綺麗に洗い、保護施設に連絡をしました。

しかし、施設の養育ボランティアさんの都合などで、1週間ほど猫の親子を引き取ることができなかったそうです。そこでアレクサンドラさんは知人や友人達に連絡をして、猫を飼いたい人を探し始めました。

たくさんの子猫

幸い親子の世話をしてくれる友人が見つかったため、アレクサンドラさんと夫は6時間かけて親子を届けに行きました。

母猫と子猫

その途中、アレクサンドラさんは昔のことを思い出していました。実はアレクサンドラさんは、数ヶ月前に18年間一緒だった愛猫を亡くし、辛い別れを経験していたのです。そのためレクサンドラさんは必死に猫に情が移らないようにしていました。

しかし、アレクサンドラさんは愛らしい猫達の姿に勝てませんでした。結局、友人の家に親子を送り届けた際に、2匹の子猫を連れて帰ることにしたのです。

包まれる子猫

アレクサンドラさんは子猫達に『リュース』と『バブ』と名づけました。自宅に向かう車の中で、さっそく子猫達は二人に可愛い姿をたくさん見せてくれたそうです♪

肩の上の猫

家に着いてからも2匹はアレクサンドラさんから離れようとしませんでした。アレクサンドラさんは再び訪れた愛猫との生活に、胸が幸せで満たされたそうです。

幸せそうな子猫

こうして山の中を彷徨っていた猫の親子は、無事に新しい家を見つけることができました。きっと2匹の母猫は、優しい人達への感謝の気持ちを、いつまでも忘れることはないでしょう(*´ェ`*)

出典:Alexandra Dominguez

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう