人生に、もふもふを。

野良猫達の世話をしていた男性に、我が物顔で近づいてきたボス猫。さっそく男性の肩の上を支配すると… (6枚)

0

ジョン・シブリーさんは、野良猫達の世話を熱心に続けている男性です。ジョンさんは野良猫達のご飯を用意するだけでなく、不幸な猫を増やさないために、野良猫達の去勢や避妊の活動も行なっているそうです。

肩に乗る猫

ある時、ジョンさんが捕獲器を仕掛けると、1匹の猫が捕まっていました。すでに去勢が済んでいた猫は、それから毎週のように捕獲器に入って来たのです。猫はとても人懐っこく、すぐにジョンさん追い回すようになりました。その様子にジョンさんは「彼は野生の猫ではないかもしれない」と思ったそうです。

しばらくすると猫はジョンさんの車に魚が入っていることを理解したようで、いつもジョンさんが来るのを待つようになりました。そして、食べ物に対する飽くなき愛情のおかげで、他の野良猫達もジョンさんを信頼するようになっていったのです。

そんな中、猫が病気を患っていることを知ったジョンさんは、猫を路地から保護することにしました。「私は彼を捕まえて、路地に戻さないことを決めました。」

見上げる猫

ジョンさんは自宅に連れて来た猫を『ボス・キャット』と呼び、病気を治すために看病を続けました。ボスは家に着いた瞬間から、まさにボスのように家を支配し始めたそうです。また、病気を患っているにもかかわらず、ボスはご飯をもりもりと食べました。

その後、ボスは3ヶ月ほどでジョンさんの家に滞在し、健康な状態に戻ることができました。

見てくる猫

ジョンさんと暮らし始めたボスは、本当のボスがどのようなものかをジョンさんに教えてくれました。ボスは肩乗りが大好きで、ジョンさんの肩をいつも支配していたのです。

「彼の肩乗りは私にとって非常に危険なことでした。なぜなら彼の様子をいつも気にしながら、サンドイッチを食べる必要があったからです。」とジョンさんは笑いながら言いました。

強そうな猫

ボスが里親さんのところへ行く準備が整うと、ジョンさんはボスと一緒に暮らすための心得を教えてくれました。

「ボスと一緒に暮らすと、今までの家の中のルールは変わります。彼がルールです。あなたが食事をする時は、彼も食事をします。また、彼はカウンターによく飛び乗りますが、決して降ろすことはできません。彼との交渉は不可能です。」

「でも大丈夫。彼に支配されるのと引き換えに、あなたは幸せを得ることでしょう。この自信に満ちた5歳の猫は、頭をポンと叩くのが大好きで、肩乗りに夢中です。時々、肩の上から警告して来ることがありますが、それにもすぐに慣れます。彼はきっとあなたのことを愛してくれるでしょう。」

見つめる猫

「彼に支配されながら生きていけば、あなたは柔らかくてフワフワの彼を楽しむことができます。」

「彼は他の猫達と仲良くなり、犬と共存することができます。しかし、常に彼を一番に可愛がらないと、あなたは毎日のように彼に説教されることでしょう。」

いい顔の猫

ジョンさんの心得を読んでいると、ボスがとてもツンデレな性格で、猫らしさに溢れていることが分かりますね。きっとボスの前には、すぐに”支配されたい人”が現れることでしょう!

それまでの間、優しいジョンさんを従えて、ボス猫生活を存分に味わって欲しいですね♪

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう