人生に、もふもふを。

保護施設でガラス越しに頭を擦りつけてきた猫。迎えに来てくれたのが、とても嬉しかったようで… (4枚)

0

ある女性(@Samanthajane92)が弟の子猫探しを手伝うために、保護施設を訪れました。しかし、女性は子猫のケージの上にいたオスの成猫に目を引かれたのです。

「彼を見た瞬間、私は恋に落ちました。」

ガラス越しの猫

「初めて彼に会った時、彼がどのくらい孤独かが分かりました。私がガラス越しに手を伸ばすと、彼はすぐに頭を擦りつけてきたのです。彼はガラスの向こう側で愛されることを望んでいました。」

「その姿を見て、私は悲しい気持ちになりました。そして、彼を置いてその場を去ることができなくなったのです。」

猫の年齢は8歳で、保護施設に入る前は道端で暮らしていました。猫がどのように生きてきたかは分かりませんが、初めから人間を怖がらなかったため、もしかすると以前誰かに世話をされていたのかもしれません。

ガラス越しの猫

猫は保護施設で『エイブラハム・リンカーン』と呼ばれていたため、女性はリンカーンの愛称から名前をとって『エイブ』と名づけました。女性はその場でエイブを引き取ると、自宅へと連れて帰りました。

自宅へ向かう車の中で、エイブは外の世界に心を躍らせました。窓の外を次々と流れていく風景を、興味深かそうに見つめていたのです。

車に乗る猫

家に来たばかりのエイブは非常にやせ細っていました。しかし、新しい環境にすぐに慣れたエイブは、ご飯をたくさん食べて、日に日に強くなっていったのです。

そして、6ヶ月後。
エイブはもう、すっかり家族の一員です。「エイブは毎日、窓辺で日光浴をしながら楽しそうに過ごしています。彼は蛇口から水を飲むのが好きで、水を飲みたくなるといつも私に要求してきます。」

「私は彼と一緒にいるのが大好きです。」

見つめる猫

こうして弟と一緒に子猫を探しにいった女性は、訪れた施設で運命の出会いを果たしました。それは温かい生活を夢見ていたエイブにとっても、最高の出会いになったようです。これからもエイブは、優しい家族の元で幸せな毎日を送っていくことでしょう♪

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう