人生に、もふもふを。

トイレがきちんと使えなくて追い出された猫。でもそこには意外な理由が… 原因が判明してみんなビックリ! (8枚)

0

ある日、猫の『ディクシー』はトイレが使えなかったことが理由で家を追い出され、保健所へと連れてこられました。その後、ディクシーの元に引き取り手が現れなかったため、安楽死の時が迫っていたのです。

見つめる猫

そんなディクシーのことを知ったクリス・プールさんは、知り合いの保護施設『Kenosha Forgotten Friends』に電話をしました。そして、ディクシーのことを相談すると、施設のスタッフは引き受けることを約束してくれたのです。

クリスさんは車で1時間かけて、ディクシーを引き取りに行きました。そして保健所に着いたクリスさんは、ディクシーが家を追われた理由がトイレの問題だけではないことを知ったのです。ディクシーは尿路感染症や呼吸器感染症などを患い、常に高い音で荒い呼吸をしていました。またディクシーは同居猫との仲が非常に悪く、ベッドの下にずっと隠れていたそうです。

見上げる猫

保護施設のスタッフと獣医さんはディクシーを健康な状態に戻し、静かな家で第2の人生を送れるように治療を始めました。

鳴く猫

そして、獣医さんが悪くなった歯を治した時、驚くべき変化が起こったのです。歯の痛みが無くなったディクシーは、すぐに喉を鳴らし始め、周りの人達に愛情を示すようになりました。

横になる猫

さらに驚いたことに、ディクシーは自らトイレを使い始めたのです!

どうやらディクシーが体調を崩し、周りとの接触を拒んでいたのは、歯の不快感が原因だったようです。その日以来、ディクシーは別猫へと生まれ変わりました。

転がる猫

そして、2月1日のこと。保護施設を訪れたダニーさんが、ディクシーに一目惚れしました。ディクシーもダニーさんが気に入ったようで、腕の中に飛び込むと、そこから動かなくなったそうです。

ディクシーはさらに数回の歯科治療を受け、里親さんの家に行く準備が整いました。スタッフから連絡を受けたダニーさんは、すぐに施設に足を運び、ディクシーを自宅へと連れ帰ったのです。

抱っこされる猫

「ディクシーは自宅に着いてから数分で、家中の点検を始めました。そして、家にあるもの全てが自分のものだと主張して来ました」とダニーさんは言いました。どうやらディクシーは新しい家をとっても気に入ったようです。

持たれる猫

ダニーさんに迎えられたディクシーは、とっても幸せです。ディクシーは長い間、痛みから解放され、愛情に満ちた生活と夢見て来ました。そして多くの人達のおかげで、ついにディクシーの夢が叶ったのです。

キスされる猫

こうして心身の痛みに耐えてきたディクシーは、甘えん坊の猫へと生まれ変わりました。ダニーさんにたくさんの愛情を注がれ、幸せそうな表情を見せるディクシーに心が温かくなりますね♪

出典:kenoshaforgottenfriends.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう