人生に、もふもふを。

保護施設で里親さんを待っていた13歳の老猫。優しい女性に出会えたのが嬉しくて… スリスリが止まらない! (6枚)

0

オーストラリアに住むサラ・デンプシーさんは、訪れた保護施設で13歳の老猫『ジェイミー』に出会いました。最初は寝ていたジェイミーでしたが、サラさんがケージを覗き込むと一直線に近づいてきました。

眠る猫

「ジェイミーは誰かが手を差し伸べるのを待っていました。私がケージ越しに手を近づけると、喉を鳴らしながら頭を擦りつけてきたのです」とサラさんは言います。

ジェイミーは11月に保護施設に来た猫でした。元の飼い主さんが介護施設に入ったため、施設に連れてこられたそうです。

施設に入ったジェイミーは、獣医さんに悪くなった歯を取り除いてもらい、風邪を治してもらいました。そして、腎臓の治療を行いながら新しい里親さんを待っていたのです。

ケージの猫

施設のスタッフがケージからジェイミーを出すと、サラさんのところへと連れて行きました。するとジェイミーはとても嬉しかったようで、サラさんに全力でスリスリし始めたのです。しばらく身体を擦りつけたジェイミーは、サラさんの腕の中で丸くなりました。

ジェイミーはサラさんが自分を迎えに来てくれたことを知っているようでした。

見つめる猫

「施設から引き取って以来、ジェイミーは私のそばから離れません。彼はとても優しく、いつも私の後をついて来て、頭をぶつけてきます。彼はとても甘えん坊で、毎晩一緒にお話をします。」

嬉しそうな猫

「ジェイミーは私にたくさんの幸せを運んで来てくれました。そんな彼のために私も精一杯のお返しをしたいと思っています。」

眠る猫

ジェイミーは歳をとっていますが、サラさんと一緒に遊ぶのが好きで、オモチャを追う姿はまるで子猫のようです。ジェイミーはサラさんに抱っこされるのが大好きで、いつもハグをされると幸せそうに喉を鳴らし続けるそうです。

「ジェイミーは特別な食事が必要で、健康の問題も抱えていますが、私は彼をとても愛しています。彼に残された時間がどのくらいかは分かりませんが、最期を迎える瞬間まで幸せな暮らしをさせてあげたいと思っています。」

幸せな猫

こうして13歳のジェイミーは、再び温かい生活を手に入れることができました。ジェイミーの幸せそうな姿から、どれほど今の生活に満足しているかが伝わってきますね。これからもジェイミーは、大好きなサラさんと一緒に、幸せな毎日を送っていくことでしょう♪

出典:Sarah Dempsey

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう