人生に、もふもふを。

飼い主さんの妊娠中のお腹をずっと守っていた猫。ついに赤ちゃんが生まれると、とっても嬉しくて… (6枚)

0

ある日、レイブンさんは保護施設から5歳の猫『アドミラル』を引き取ってきました。その後、レイブンさんのお腹に命が宿ると、アドミラルは何かが変わったことに気づいたのです。

布団の中に入る猫

それ以来、アドミラルは常にレイブンさんのお腹にくっついて、話しかけるように喉を鳴らし始めました。さらにアドミラルは、レイブンさんが寝ている間もお腹から離れなくなったのです。それはまるでお腹の中にいる赤ちゃんを守っているようでした。

眠る猫

しばらくして、赤ちゃんがお腹の中で動き始めると、さらにアドミラルの愛情は高まっていきました。アドミラルはお腹を抱きしめるようになり、昼寝の時間もずっと離さなくなったのです。

お腹と一緒の猫

レイブンさんが妊娠してから9ヶ月後。アドミラルは相変わらず大きなお腹を抱きしめながら、喉を鳴らし続けていたそうです。

お腹にくっつく猫

そして、ついに赤ちゃんが生まれました!

それはアドミラルにとっても最高の瞬間でした。赤ちゃんが自宅に来るとすぐにアドミラルはボディーガードになり、お腹の中にいた時と同じように赤ちゃんのそばから離れなくなったそうです♪

赤ちゃんを見つめる猫

アドミラルは毎日、赤ちゃんと一緒に過ごしています。ふたりの絆と友情は、どんなことがあっても決して壊れることはないのです。

赤ちゃんと一緒に眠る猫

こうしてアドミラルは、ずっと待ち続けた赤ちゃんに出会うことができました。これから先、赤ちゃんの身体がどれだけ大きくなっても、ふたりの関係が変わることはないでしょう。

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう