人生に、もふもふを。

動物病院で病気を治してもらった野良猫。そのまま病院で暮らし始め、弱った動物達を励まし続ける! (6枚)

0

生後6ヶ月の猫『ロン』は、3匹の子猫と共に野良猫達のコロニーから保護されました。

病気の治療を受けるためにノースフィールド動物病院に連れてこられたロンは、誰とでも仲良くなる性格だったようで、さっそく病院のスタッフに飛びついて、数分後には喉を鳴らし始めたそうです。

犬を看病する猫

その後、スタッフ達はロンに不思議な能力があることに気づきました。ロンには苦しんでいる動物達の心を落ち着かせる、特別な才能があったのです。スタッフ達はロンのことを『セラピーキャット』と呼んでいるそうです。

スタッフ達のおかげですっかり病気が治ったロンですが、保護施設には行かずにそのまま病院で暮らすことになりました。

付き添う猫

ロンはまだ若いですが、とても大きな心を持っています。ロンはいつも治療中の動物達に寄り添って、病気で弱った心を癒してくれるのです。

ケージに入る猫

ロンはケージの中に寂しそうな動物を見つけると、励ますためにケージの隙間から入ろうとするそうです。

ケージを登る猫

また、ロンは手術を終えた動物がいると、目を覚ますまで寄り添いながら見守り続けます。ロンはいつも動物達のそばにいて、心身の回復を手助けしているのです。

寄り添う猫

スタッフ達はロンの不思議な力と深い愛情に、いつも驚かされているそうです。

犬と挨拶する猫

こちらはロンが患者の毛づくろいをしている様子です。

Ron is so excited to be famous he is taking "requests." Do you require grooming during your stay?

Jen Westonさんの投稿 2017年1月20日

こうして少し前まで野良猫だったロンは、動物病院の大切なメンバーになりました。ロンは今日も、弱った動物達に心地よい場所を与え、大きな愛情で動物達を励まし続けているのです。

もしかするとロンは、自分を治してくれたスタッフ達へ、恩返しをしているのかもしれませんね(*´ェ`*)

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう