人生に、もふもふを。

22年間、1日も欠かすことなく野良猫達の世話を続けてきた男性。命を救った猫達に信頼される姿に心が温まる (7枚)

0

スクラップを集めて生計を立てている76歳のウィリー・オルティスさんは、毎日家の近くの野良猫達にご飯を食べさせています。ウィリーさんはどんな天候にも関わらず、22年間1日も欠かすことなく野良猫達の世話を続けてきたのです。

抱っこされる猫

毎日午後7時になるとウィリーさんは車にキャットフードを積んで、野良猫達の元へと向かいます。そして、ウィリーさんが車から降りて声をかけると、たくさんの野良猫達が集まって来るのです。

野良猫達のご飯は全てウィリーさんが用意します。ウィリーさんはスクラップを売って得たお金で、大量のキャットフードを購入しているのです。

男性

ウィリーさんが野良猫にご飯をあげ始めたのは1995年のことでした。

ある日、お腹を空かせた野良猫が人に食べ物を乞う姿を見て、ウィリーさんはとても悲しい気持ちになりました。「人々はみんな野良猫達を追い払っていました。その様子を見て、私は彼らを助ける必要があると感じました」とウィリーさんは言います。

ウィリーさんはその日から、野良猫達を決して空腹にさせないと決めたのです。

猫を助ける男性

現在、ウィリーさんは16のコロニーで、合計68匹の野良猫達にご飯をあげています。

ウィリーさんが世話をしている野良猫達は、とても健康で栄養もしっかりとれています。ウィリーさんは野良猫達ができるだけ楽しい人生を送れるようにと、毎日欠かさず体調のチェックをし、病気の猫を発見するとすぐに動物病院へと連れていくそうです。

猫に餌をあげる男性

また、コロニーで新しい野良猫を見つけた時は、不幸な猫をこれ以上増やさないために、去勢や避妊手術をして、元の暮らしに戻してあげます。そして、野良の子猫を見つけた時は、新しい里親さんを探してあげるそうです。

猫を保護する男性

そんな優しいウィリーさんですが、野良猫達の世話を始める1年前に、1匹の茶トラ猫を救いました。それから23年が経ちましたが、猫はまだ元気に暮らしていて、いつも大好きなお父さんを抱きしめているそうです。

猫を抱く男性

ウィリーさんの自宅は、集めてきたスクラップと大量のキャットフードでいっぱいです。

ウィリーさんは、毎朝スクラップを集める旅に出て、毎晩キャットフードと一緒に野良猫達の元へと向かいます。この繰り返しがウィリーさんの人生です。ウィリーさんはこの毎日の繰り返しの中に、心の底から幸せを感じているそうです。

元気な猫

ウィリーさんは今日も野良猫達にご飯を運び、不幸な猫を減らしています。きっと助けてもらった猫達は、ウィリーさんにたくさんの「ありがとう」を伝えていることでしょう。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう