人生に、もふもふを。

家の庭先で独りぼっちで鳴いていた子猫。保護された後の ”肩乗り” が忘れられなくて… (8枚)

0

ある日、民家の庭先で1匹の子猫が寂しそうに鳴いていました。住人は子猫の母親や兄弟が近くにいないことが分かると、子猫を保護して、地元の保護施設へと連れて行ったのです。

その後、『ウッディー』と名づけられました子猫は、里親さんのところへ行けるようになるまでの間、サンドラさんの家で育てられることになりました。

保護子猫

家に着いたウッディーは全身が汚れていたため、サンドラさんはお風呂に連れていきました。するとウッディーはとても喉が渇いていたようで、お風呂の水を舐め始めたそうです。

お風呂から上がったウッディーは、すぐに暖かいベッドで眠りにつきました。それは辛い時期を乗り越えてきたウッディーにとって、最高の睡眠になったようです。

しばらくして目を覚ましたウッディーは、柔らかいベッドにお母さんの温もりを感じたようで、毛布を両手で揉み始めたそうです。

肩に乗る子猫

サンドラさんのおかげで元気を取り戻したウッディーは、お気に入りの場所を見つけました。それは、サンドラさんの肩の上です。ウッディーいつも肩の上に登ると、サンドラさんの顔にスリスリして、そのまま眠りにつくそうです。

肩が恋しい子猫

どうやらウッディーは、サンドラさんの肩に乗りながら、自分がひとりではないことを確認しているようです。

幼い子猫

新しい生活に慣れ、お茶目な子猫に変身したウッディー。高いところに登った後は、いつも誇らしげにサンドラさんを見つめて来るそうです♪

見てくる子猫

また、ウッディーはいつも注目されていないと気が済まないようで、サンドラさんに「にゃーにゃー」と可愛い声で話しかけて来るそうです。

話しかける子猫

ウッディーは幼くして母親と離ればなれになってしまいましたが、いつもサンドラさんとお話ししながら、たくさんの愛情を感じているのです。

可愛い子猫

こちらは肩乗りを楽しむウッディーの様子です。(動画)

その後、成長したウッディーは素敵な里親さんに出会うことができました。もちろん新しい家でも、相変わらず肩の上が大好きです。(動画)

Lindsayさん(@hooplalaa)が投稿した動画

あの日、庭先で寂しそうに鳴いていたウッディーは、もうひとりではありません。

眠る子猫

ウッディーのそばにはいつも、温かい家族と大好きな肩があるのです(*´ω`*)

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう