人生に、もふもふを。

道路脇で助けを求めて鳴いていた子猫。保護から3ヶ月後の元気な姿に驚かされる! (6枚)

0

ある日、ピーターさんが歩いていると、道路脇にやせ細った子猫がいるのを発見しました。可哀想に思ったピーターさんは子猫を保護するために、子猫へと近づいて行きました。

一方、子猫は近づいてくるピーターさんをとても恐れましたが、飢えと疲れで、その場から逃げることができなかったのです。

鳴く子猫

無事に子猫を保護したピーターさんは、脱水状態に陥っていた子猫に飲み物をあげました。また、子猫を落ち着かせるために、優しく身体を撫でてあげたのです。しばらくすると子猫は幸せそうに喉を鳴らし始めました。

手に乗る子猫

すっかりピーターさんに安心した子猫は、動物病院に向かう途中も、ピーターさんの腕の中で昼寝をしていたそうです。

腕の中の子猫

ピーターさんは動物病院から帰ると、さっそく子猫をお風呂に入れてあげました。すると今まで汚れによって隠されていた、美しく柔らかい毛が姿を現したのです。

見上げる子猫

その後、子猫は『へティー』と名づけられ、ピーターさんの家に迎えられました。

ピーターさんのことが大好きになったへティーは、すっかり甘えん坊さんになりました。へティーはいつもピーターさんの帰りを待っていて、ピーターさんが帰ってくると一緒に遊んで、一緒に眠るそうです♪

眠る子猫

優しいピーターさんに愛情を注がれたへティーは、3ヶ月でこんなに変わりました!

昔と今の猫

へティーの成長の様子はこちら。

こうしてへティーは、ピーターさんのおかげで大きな変化を遂げました。もうそこには街中をひとりで彷徨っていた子猫の姿はありません。へティーは素敵な猫に成長し、ピーターさんと共に幸せな毎日を送っているのです。

出典:youtube.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう