人生に、もふもふを。

人間年齢は140歳! 優しい家族と一緒に、31回目のクリスマスを迎えた老猫に驚き!

0

今から26年前、イアン・フィンレイさんとリズさん夫婦は裏庭で野良猫の『ナツメグ』を見つけました。夫婦はナツメグのことが一目で好きになり、家族に迎えることにしたのです。保護したナツメグを獣医さんに診てもらうと、歯の状態から5歳の猫だと分かりました。

ご飯を食べる猫
出典:itv.com

ナツメグは昨年、大きな病気をしましたが、その生命力と周りの人達の愛情で、無事に病気を克服することができました。現在31歳になったナツメグは、片方の耳が聞こえなくなり、歯も3本しか残っていませんが、まだまだ元気いっぱいです。

「ナツメグは私達の猫ではありません。私達がナツメグの人間なのです。そして、ナツメグはそのことを、私達に忘れさせないのです。それがナツメグが長生きしている秘訣だと思います。」と夫婦は言います。

現在のギネス記録に登録された最年長の猫は、30歳のスクーターです。どうやらナツメグはその記録を越えているようです。

そんなナツメグは今年、愛する家族と一緒に31回目のクリスマスを迎えました。クリスマスパーティーではサンタさんの格好をしたり、美味しいご飯をいっぱい食べたりと、ナツメグも夫婦も大満足だったそうです♪

幸せそうな猫
出典:chroniclelive.co.uk

こうして26年前にフィンレイさん夫婦に保護されたナツメグは、今も元気に暮らしています。猫の31歳は人間の年齢にすると140歳になります。まだまだ元気いっぱいのナツメグは、これからも優しい夫婦の元で、幸せに年齢を重ねていくことでしょう♪

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう