人生に、もふもふを。

「ボクがついてるからね」分離不安症の犬を救ったのは、家に来たばかりの小さな保護猫でした (9枚)

0

ジョーさんの家に暮らすゴールデンレトリバーの『ルーシー』は分離不安症を患っていて、飼い主さんがそばからいなくなると、すぐに精神が不安定な状態になります。特にジョーさんが出張に行くためにスーツケースを出すと、ルーシーはベッドに横たわり、トイレにも行かずに、一日中泣いてばかりいたのです。

眠る犬

ルーシーの分離不安症はとても重く、獣医さんが抗うつ薬を勧めるほどでした。しかし、ルーシーは既に甲状腺の薬を服用していたため、ジョーさん夫婦は新しい薬を飲ませることに消極的でした。そこで夫婦はiPadを使って遠隔地から話しかけてみたり、その他にも様々な方法を試してみましたが、どれも効果がなかったそうです。

見る子猫

この家には元々、ルーシーと猫のベイリーが住んでいたのですが、3歳と6歳の子供達はペットをもう1匹欲しがりました。そこで夫婦は、保護施設から子猫の『ピート』を家族に迎えることにしたのです。

男の子と子猫

家に着いたばかりのピートは、慣れない環境にとても怯えていました。しかし、ピートは元々、落ち着きがあって、のんびりした性格だったようで、すぐに家族と仲良くなったのです。そして、ルーシーとピートは非常に気が合ったのか、特に仲が良くなり、いつも一緒にいるようになりました。

仲良しな犬と猫

2匹は起きている間だけでなく、寝ている時も離れることはありません。

犬と子猫

「ピートがこの家に来る前に、他の犬に出会ったことがあるかは分かりませんが、家に来て数日後には、ルーシーの足を幸せそうに毛づくろいしていました」とジョーさんは言います。

仲良しな犬と子猫

ルーシーは現在10歳で、ピートよりも随分年上ですが、ピートがオモチャを持ってくると、いつも一緒に遊んであげるそうです。

いつも一緒の犬と猫

そして、驚いたことに夫婦があれほど悩んでいたルーシーの分離不安症が、ピートのおかげで少しずつ治ってきたのです。

いつも一緒

ジョーさんが出張のためにスーツケースを出すと、ルーシーはまだ少し落ち着かない様子を見せますが、以前よりもずっと気持ちが安定しているそうです。どうやらルーシーは、ピートがいつもそばにいてくれるおかげで、独りではないと感じているようです。

幸せなふたり

家族はもうピート無しの生活は考えられないと言います。とても愛情深いピートは、家族の生活を変え、ルーシーの生活も変えたのです。

出典:Lindsey Getz / thedodo.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう