人生に、もふもふを。

ある日突然、家から姿を消した飼い猫。消防士の活躍で2週間後に無事に生還! (6枚)

0

ある日突然、ニューヨーク州のロングアイランドに住むサンディーさんの飼い猫『ロスコー』が姿を消しました。サンディーさんは、近くの住人にロスコーのことを聞いて回ったり、街の中を探し回りましたが、結局見つけることができなかったのです。もうロスコーに会えないと思ったサンディーさんは、毎日悲しみに暮れていました。

それから2週間後の日曜日。近くに住む住人が排水溝の中から聞こえてくる猫の声に気づきました。 その場に駆けつけたサンディーさんが排水溝に向かって叫ぶと、猫はものすごい勢いで「ニャーニャー!」と返事をしてきたのです。それは間違いなく行方不明になっていたロスコーでした。

住人はすぐに消防士と連絡をとりました。現場に駆けつけた13人の消防士達は、さっそく排水溝のフタを外すと、ロスコーの救助活動を始めたのです。

救出を開始する消防士

しばらくの間、消防士達の懸命な救助活動が続きました。

救出している消防士さん

そしてついに、排水溝の中からロスコーが救出されたのです!

救出された猫

どうやらロスコーは側溝を通って、この排水溝の中に入ってしまったようです。

ロスコーが助け出されると、集まっていた住人達が歓声をあげました。そして、助けてくれた消防士達に、感謝の拍手が送られたのです。

抱えられる猫

ロスコーが助け出された瞬間に、サンディーさんの目から涙が溢れました。

涙と猫

そして、ロスコーを強く抱きしめたまま、その場で泣き続けたのです。その姿に、ふたりを心配していた住人達も一緒に喜び、涙を流しました。

抱きしめる女性

こうしてロスコーは温かい住人や消防士達のおかげで、無事に生還することができました。再びロスコーと暮らし始めたサンディーさんは、いつも助けてくれた人達に感謝しながら、幸せな毎日を送っているそうです。

出典:nypost.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう