人生に、もふもふを。

ニワトリの様子を見に行ったはずなのに…。なぜか子猫を連れ帰った男性が、思わぬ人生を送ることに! (8枚)

0

ある日、鶏小屋にニワトリの様子を見に行った男性が、小屋の近くで3匹の子猫を見つけました。その中の1匹は病気を患っているようで、誰かの助けが必要でした。小屋の近くは人通りも少なかったため、男性は3匹を保護することにしたのです。

箱に入る子猫

子猫を自宅に連れ帰った男性ですが、子猫を飼うつもりは全くなかったため、保護施設に連れて行こうと考えていました。その前に子猫達の容態がとても心配だった男性は、いつもお世話になっている動物病院へと子猫達を連れて行ったのです。しかし、残念なことに動物病院はお休みでした。

男性は子猫達を家に連れ帰りました。そして、お湯でタオルを濡らし、子猫達を奇麗にしてあげたのです。病気の子猫は優しくされたことがとても嬉しかったようで、幸せそうに喉を鳴らし始めたそうです。

箱から覗く子猫

子猫はその後もずっと喉をならし続け、そのまま男性の膝の上で眠り始めました。その姿を見た男性は、保護施設に子猫を連れて行くのを止めて、自分で子猫達を育て、里親さんを探すことにしたそうです。

そして翌朝を迎えました。
一晩中ぐっすりと眠った子猫は、少しだけ元気を取り戻しているように見えました。

もう一度、動物病院へ子猫達を連れて行った男性は、目薬と上気道感染のための薬を処方されました。また、子猫の容態を診終わった獣医さんに「このまま放置していたら、盲目になっていただろう」と言われたそうです。

眠る子猫

子猫は薬と栄養たっぷりの食事で、元気を取り戻していきました。

カゴで眠る子猫

そして数日後。
病気が完治した子猫は、別猫に大変身しました! 子猫は家の中を元気に動き回るようになったのです。

また、子猫の兄弟達は、男性が新しい里親さんを見つけ、無事に旅立っていったそうです。

いい表情の子猫

元気を取り戻した子猫は、とても活発でお茶目な姿をたくさん見せてくれるようになりました。

子猫をずっと近くで見守ってきた男性は、気持ちに大きな変化がありました。子猫と一緒にいる時間があまりにも幸せで、子猫を里親さんに出すことができなくなってしまったのです!

眠る子猫

それから数ヶ月後。
とても幼かった子猫は、こんなに美猫さんに成長しました!

見つめる子猫

猫は保護された日以来、男性の膝の上の温かさが忘れられなくなったようで、今も変わらず膝の上で喉を鳴らしているそうです♪

見る猫

こうして男性の人生を変えた猫は、温かい家を手に入れることができました。その幸せそうな表情から、何不自由なく暮らしていることがよく分かりますね♪

一方、猫に人生を変えられた男性は、どうやら猫無しでは生きられない体になってしまったようです。男性はこれから先もずっと、愛猫の一つ一つの仕草に喜びを感じながら、幸せな猫暮らしを送っていくことでしょう(*´ェ`*)

出典:imgur.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう