人生に、もふもふを。

身体が小さすぎたため母猫から見放された子猫。迎えられた家で、優しいお父さんが待っていた! (9枚)

0

子猫の『ウィニフレッド』と兄猫は、とても身体が小さかったため、生まれてすぐに母猫に見放されました。母猫は通常の子猫の1/3ほどの2匹を見て、生き残れないと思ったのです。

ウィニフレッドの生まれたときの体重は37gしかありませんでした。子猫の出生時の平均体重が約80〜100gなので、その小ささがよく分かります。

誕生日子猫

保護施設は2匹の子猫達を育ててくれる養育主さんを探し始めました。そして、子猫達を引き受けてくれたのが、子育てのボランティアをするエレンさんだったのです。

エレンさんは小さく弱々しい子猫達を大切に育て始めました。

持たれる子猫

子猫達には標準的な哺乳瓶では大きすぎたため、赤ちゃん用の小さなチューブを使用しました。毎日ミルクを飲み続けたウィルフレッドは、2週間後にやっと子猫の出生時の平均体重になったそうです。

悲しいことにウィルフレッドの兄は、保護から2日後に命を落としてしまいました。しかし、ウィニフレッドはその強い生命力で、前に進み続けたのです。

ミルク子猫

19日齢になったウィニフレッドは、通常の子猫の7日齢の大きさになりました。

少し成長したウィニフレッドはこの頃になると、幸せそうに喉を鳴らすようになっていました。また、完全に見たり聞いたりできるようになったのです。

飲む子猫

またウィニフレッドは、オスの保護猫『ベニー』に出会いました。ベニーはとても愛情深い猫で、寂しそうなウィニフレッドに優しく接し始めたのです。

白猫と子猫

ベニーはいつもウィニフレッドの頭を撫でてから、毛づくろいを始めるそうです。どうやらウィニフレッドは、とても温かいベニーのことを、お父さんだと思っているようです。

仲良しな猫の親子

そして、43日齢を迎えたウィニフレッドは、300gほどの体重になりました。まだ通常の半分以下の体重ですが、家の中ではいつも元気に過ごしているそうです。

そんな中、ウィニフレッドに兄弟ができました。新しく保護されてきた子猫です。ウィニフレッドはとても嬉しかったようで、新しい兄弟と一緒に遊んだり、眠ったりしているそうです♪

幸せそうな子猫

温かい家族に愛情を注がれながら、ウィニフレッドは毎日大きくなっています!

カップの中の子猫

エレンさんは時々、小さな記念日を作って、ウィニフレッドの日常を祝っているそうです♪

帽子子猫

こちらはベニーに毛づくろいされるウィニフレッドの様子です。(動画)

Ellenさん(@thecatlvt)が投稿した動画

まだまだ小さいウィニフレッドですが、素敵な家族に囲まれて元気に成長しています。毎日が幸せそうなウィニフレッドの姿に、心が温かくなりますね♪

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう