人生に、もふもふを。

通常の3分の1の大きさしかなかった保護子猫。その愛らしい姿で、たくさんの幸せを届ける! (11枚)

0

ある日、野良の子猫『ティニーキャット』が保護されました。ティニーキャットは通常の子猫の1/3ほどのサイズで、とても小さな子猫だったのです。

小さい子猫

ティニーキャットを保護したヤガー・ディロンさんは、夫婦で世話を始めました。夜も仮眠をとりながら2時間おきミルクを与えたのです。

小さい子猫の顔

こちらは幸せそうに眠るティニーキャットの姿です。ディロンさんの家には、ティニーキャットと同じ日に生まれた子猫がいたのですが、2匹を比べてみると大きさの違いがよく分かりますね。

幸せそうに眠る子猫

好奇心旺盛なティニーキャットは、家の中を歩き回り、色々な場所を探索するのが大好きなのだそうです。

そんな元気なティニーキャットですが、ある日、重いインフルエンザにかかってしまいました。それからしばらくの間、闘病の日々が続きましたが、何とか峠を越えると、徐々に元気を取り戻していったのです。

毛布と子猫

元々軽かったティニーキャットの体重は、インフルエンザでさらに軽くなりました。病気の前は220gあった体重は、150gまでダウンしてしまったのです。

カゴの中の子猫

病気を乗り越え1週間が経つと、ティニーキャットは再び成長を始めました。そして、家の中を走り回れるくらいに元気を取り戻したのです。

遊ぶ子猫

ティニーキャットはとても大きな目を持っています。その目はとても可愛らしく、ディロンさんはいつもメロメロになっているそうです♪

キュートな子猫
目がキラキラしている子猫

こちらはティニーキャットがミルクを飲んでいるところです。ミルクを飲む姿もとっても可愛いですね♪

元気に遊び始めたティニーキャットですが、通常サイズのオモチャが大きすぎるため、ディロンさんは髪留め用のゴムをプレゼントしたそうです♪

帽子子猫

ティニーキャットはご飯をたくさん食べて、日に日に大きくなっています。

仲良し猫

それから2ヶ月後。
まだまだ体の小さいティニーキャットですが、元気いっぱいの日々を過ごしているそうです。

可愛い子猫

これからもディロンさんの愛情をたっぷりと受けて、大きくて強い猫に育っていくことでしょう♪

出典:youtube.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう