人生に、もふもふを。

ハリケーンの豪雨の中で拾われた子猫。保健所に迎えにいくと、喉を鳴らして幸せいっぱいに! (7枚)

0

ハリケーン「マシュー」の嵐の中、1匹の子猫が路上で鳴いていました。子猫は偶然通りかかった人に寄って、保健所へと連れて行かれたのです。

包まる子猫

子猫はまだ幼く、24時間のケアが必要でした。しかし、保健所では、つきっきりで子猫の世話はしないため、子猫に残された時間は残り僅かだったのです。

そんな危機的な状況を知った保護団体『ザ・ピクセル・ファンド』のアシュリーさんは、すぐに避難所へと車を走らせました。

元気になった子猫

アシュリーさんは子猫を引き取ると、すぐに保護施設へと向かいました。子猫は全身が汚れ、怪我をしていましたが、車の中に安心したようで、ゴロゴロと喉を鳴らし始めたそうです。

横になる子猫

栄養失調で身体の小さかった子猫は、風邪をひき、脱水症状を起こしていました。しかし、幸いなことに食欲はとても旺盛だったのです。

温かそうな子猫

それから2日後。
24時間体勢の看病と美味しいご飯、そしてたっぷりの愛情で、ついに子猫は元気を取り戻したのです! 元気になった子猫は、喉のゴロゴロが止まらなくなりました♪

見上げる子猫

嵐の日、子猫がどのようにして独りになったのかは誰にも分かりません。しかし施設のスタッフは、「母猫が子猫達を濡れない場所に運んでいる時に、何らかの理由で全ての子猫を移動させられなかったのではないか」と考えているそうです。

小さな子猫

子猫はプリンセスとハリケーンから名前をとって、『プリケーン』と名づけられました。プリケーンは雨の日でも濡れることのない、安全な家の中がとても気に入っているようです。特に電気カーペットの上に敷かれた、暖かい毛布に潜り込むのが大好きなのだそうです♪

ポカポカの子猫

プリケーンは人間のことが大好きで、アシュリーさんに抱きかかえられると、いつも喉を鳴らして、あごを舐めてくるそうです♪

元気いっぱいのプリケーンはこちら! (動画)

幸せいっぱいのプリケーンは、一日中スリスリとゴロゴロが止まらないそうです(*´ω`*)♪

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう