人生に、もふもふを。

「ボクがついてるからね」保護されたばかりの子猫。気分障害の男の子に出会うと… (7枚)

0

ある日、セレナさんは家の近くで子猫の『ジーナ』を保護しました。ジーナは3週齢で、まだ上手く歩くことのできない子猫でした。

男の子と眠る子猫

セレナさん家には、7歳になる息子の『ジョナサン』が住んでいました。ジョナサンは気分障害を抱えていて、急に強い不安に襲われて、泣き出すことが多かったそうです。

ある日、保護されたばかりのジーナは、ジョナサンの苦しむ姿を心配そうに見つめていました。そして、自らジョナサンに近づいていき、そばで見守り始めたのです。

その日以来、ジーナはいつもジョナサンのそばにいるようになりました。

男の子の足の上で丸くなる子猫
男の子にナデナデされる子猫

ジーナはジョナサンの感情が不安定になると、ジョナサンにしがみついて「ニャーニャー」と鳴き始めます。その姿はまるで「ボクがついてるから心配しないでね」と言っているかのようです。

男の子と幸せそうな子猫

ジーナには、ジョナサンの気分を和らげる不思議な力があります。ジーナと出会ってからのジョナサンは、不安に襲われることがほとんどなくなったそうです。

男の子を見守る子猫

そして、現在。
今でもジョナサンが泣くと、ジーナはすぐにジョナサンを抱きしめます。そして、前足で優しく体を撫でてあげるのです。その時のジーナは、決して爪を立てたりしないそうです。

また、大きくなったジーナは、ジョナサンだけでなく、保護猫にも優しく接してあげるそうです。

同居猫と一緒

セレナさんにとって、ジョナサンを笑顔にしてくれるジーナは、まさに「救世主」です。セレナさんはジーナと出会えたことにとても感謝しているそうです。

男の子に抱っこされる子猫

こうしてジーナは、大きな愛情でジョナサンを守り続けました。もしかするとそれは、家族に迎えてくれたセレナさんへの恩返しだったのかもしれません。これから先、ジョナサンが大きくなっても、ふたりの絆は永遠に続いていくことでしょう。

出典:SELENA ANN-ROSE

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう