人生に、もふもふを。

泥の中で動けなくなった子猫を発見! みんなの力で救い出されると… (8枚)

0

今から2年前のこと。アメリカのウェストバージニア州の動物レスキューグループ『Itty Bitty Kitty Committee』に緊急の電話が入りました。幼い子猫が、金属の杭の根元にできた泥の中で動けなくなっているというのです。

泥まみれの子猫

すぐに現場に駆けつけたレスキューグループは、泥の中から子猫を助け出しました。そして、寒さに震える子猫をシャツの中で温めながら、動物病院へと急いだのです。

病院に着いた子猫は低体温のために震えていました。しかし、身体が温まってくると、徐々に身体の震えが収まっていったのです。

くつろぐ子猫

子猫は『ダン』と名づけられました。

ダンは病気を患っていて、とても衰弱していました。ダンの容態を心配した病院のスタッフは、病院に泊まり込んで看病を続けたのです。

元気な子猫

そして翌朝を迎えると、ダンは元気を取り戻していました!

エネルギーが溢れてくると、ダンはとてもおしゃべりになりました。それはまるで退院の準備ができたことを、スタッフに教えているかのようでした。

その後、ダンは養育ボランティアのケリーさんの家で育てられることになりました。新しい家に着いたダンは早速、家の中を探索し始めたそうです。

階段と子猫

暖かい家に安心したダンは、幸せそうな姿をたくさん見せてくれるようになりました♪

その姿を毎日見ていたケリーさんは、いつの間にかダンを手放せなくなってしまったのです。そこでケリーさんは、ダンに『オスカー』という新しい名前をつけて、正式に家族に迎えることにしました。

いい夢を見る子猫

オスカーはたくさんご飯を食べて、すくすくと成長していきました。オスカーはお腹がいっぱいになると、いつもケリーさんの膝の上で眠ったそうです♪

幸せそうな子猫

そして、現在。
ケリーさんに愛情を注がれたオスカーは、愛情深い猫に育ちました。こちらは養育中の子猫『エイデン』を世話するオスカーの姿です。

成長した子猫

オスカーは多くの人の手によって助けられました。泥の中で動けなくなっているところを見つけてくれた男性やレスキューグループ、病院のスタッフやケリーさんのおかげで、こんなに大きく成長することができたのです。きっとオスカーは、助けてくれた人達みんなに感謝していることでしょう。

ヤンチャな猫

そして今、オスカーはみんなからもらった愛情を、親のいない子猫達に惜しみなく注いでいます。きっとこの温かい心の連鎖が、幸せな未来を作っていくことになるのでしょう(*´ェ`*)

出典:wvcatrescue.org

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう