人生に、もふもふを。

ガソリンスタンドで発見された重病の子猫。人々の優しさと自らの力で運命を切り開く! (6枚)

0

8月の終わりに、ある男性が車に給油するためにガソリンスタンドに立ち寄ると、1つの箱を発見しました。不思議に思った男性が箱の中を確認すると、そこには4匹の子猫が入っていたのです。子猫達の目はまだ開いておらず、生まれたばかりだと分かりました。

包まれる子猫

男性はすぐに子猫を保護すると、地元の保護施設『アニマルズ・イン・ディストレス』へと連れて行きました。

子猫達は生まれてから1日ほどしか経っておらず、へその緒がついたままの状態でした。また、子猫達は感染症にかかっていて、予断を許さない状況だったのです。

保護された子猫達

施設のスタッフは昼夜問わず、病気に苦しむ子猫達の看病を続けました。しかし、スタッフが最善を尽くしたにも関わらず、3匹の子猫は命を落としてしまったのです。

子猫達は本来、母親の母乳で免疫力を高めるのですが、生まれてすぐに母親と離ればなれになってしまったため、病気と戦うための免疫力がほとんどなかったのです。

そんな中、1匹の子猫は病気と戦い続けました。

抱えられる子猫

そして、ついに子猫は病気に打ち勝ったのです!

それから数日間、夜間にミルクをあげるために、スタッフは自宅に子猫を連れて帰り、ほとんど眠らずに世話を続けました。そのおかげで子猫は徐々に元気を取り戻していったのです。

ミルクを飲む子猫

まだ子猫は目の開いていないうちから、部屋の中をヨチヨチと歩き始めました。そして、スタッフに抱っこされると、嬉しそうにスタッフの手を毛づくろいしてあげたのです。

しばらくして子猫の目が開くと、今度は自分の方からスタッフに近づいていきました。そして、スタッフに寄り添うと、幸せそうに喉をゴロゴロと鳴らし始めるのです。

そんな愛らしい姿をたっぷりと見せてくれる子猫は、お気に入りのベッドで、お友達のヌイグルミと一緒に時間を過ごすことが大好きでした。

くつろぐ子猫

スタッフは子猫に『チャンプ』と名づけました。

チャンプはまだ完全に危機を脱したわけではありません。でも、スタッフはチャンプにどんなことが起ころうとも、それに打ち勝つだけの力があることを信じているそうです。

持たれる子猫

チャンプは毎日、確実に強くなっています!

チャンプの可愛い姿はこちら。

Here is your daily cuteness fix <3 Champ <3

#AnimalsinDistress #RescueCat

Animals in Distressさんの投稿 2016年9月14日

こうしてガソリンスタンドで発見されたチャンプは、スタッフの献身的な看病と自らの生命力で、病気を乗り越えることができました。これからもその強い力で、どんな困難にも打ち勝っていって欲しいですね。きっと天国にいる兄妹達も、頑張るチャンプのことを応援し続けてくれることでしょう。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう