人生に、もふもふを。

公園の片隅で生死をさまよう子猫を発見。男性達のとっさの行動が子猫の命を蘇らせる!

0

ある日、男性とその友人は、公園の芝生の上に横たわる子猫を発見しました。「このままでは死んでしまう」と感じた男性達は、子猫を助けるためにすぐに動き始めたのです。

倒れていた猫

男性達は動けない子猫の様子を見て、車にはねられたのではないかと考えました。子猫の骨が折れているかもしれないと思った男性達は、子猫を獣医さんのところへ安全に運ぶために、担架代わりのものを探し始めました。

水を飲む猫

最初にダンボールを見つけましたが、とても不安定で、子猫を安全に運ぶことができませんでした。そこで、さらに近くを探していると、粗大ゴミの机を見つけたのです。男性達は引き出しを引き抜くと子猫の元へと急ぎました。

子猫を獣医さんのところへ運ぶ途中、子猫は痛みで鳴き、死んだように動かなくなりました。男性達はすぐに子猫が生きていることを確認すると、獣医さんのもとに急いだのです。

運ばれる猫

動物病院に着くとすぐに獣医さんが子猫の治療を始めました。子猫は衰弱が激しく、昏睡状態に陥っていましたが、獣医さんは諦めずに治療を続けたのです。

子猫の救助の様子はこちら。

みんなのおかげで、子猫は無事に生還することができました。その後、元気を取り戻した子猫は、新しくできた親友といっしょに幸せに暮しているそうです。

幸せになった子猫

こうして男性達の「幼い命を助けたい」という想いが、最高の結末を引き寄せました。子猫が無事に助かって本当に良かった。子猫のために力を尽くす、男性達や獣医さんの姿に胸が熱くなりますね。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう