人生に、もふもふを。

生まれた時からまぶたが無かった2匹の野良猫。6ヶ月後に見せた笑顔がとっても温かくて… (6枚)

0

オーストラリアのニューサウスウェールズ州のブルーマウンテンで、5週齢の2匹の子猫が発見されました。子猫達を保護した夫婦は、すぐに2匹の目がおかしいことに気づきました。なんと2匹の子猫は、生まれた時からまぶたが無かったのです!

こちらが保護された『ドラ』と『フェリックス』の姿です。

野良猫

夫婦はすぐに子猫達を地元の保護施設『RSPCA』へと連れて行きました。

子猫達の目は、まぶたが無いせいで常に疲労しています。そのため、このままの状態が続けば、1年以内に失明する可能性がありました。そこで子猫達はシドニーにある動物病院で、手術をしてもらうことになったのです。それはとても難しい手術でした。

子猫達は手術ができるようになるまで6ヶ月間待ちました。そして、獣医のキャメロン・ホイッテカー博士による8時間の手術の末、ついに子猫達にまぶたができたのです!

新しいまぶたは、子猫達の唇の組織を移植したものでした。

仲良しな猫

ドラはとても勇敢で賢い女の子です。とても不遇な生まれにもかかわらず、どんな困難にも立ち向かい、運命を自ら切り開いていきます。そんな勇敢なドラは、笑顔がとても魅力的で、出会う人全てを笑顔にしてくれます。

笑顔の猫

一方のフェリックスは、おねだり上手の男の子です。フェリックスはいつもおねだり顔で、誰もフェリックスのお願いを拒否することはできません。ハグとイタズラが大好きなフェリックスは、喉を鳴らす音がとても大きく、いつもみんなに愛情をプレゼントしてくれます。

目の悪い猫

ふたりは生後9ヶ月になりました。現在は保護施設でいっしょに暮らすふたりですが、そろそろ里親さん探しが始まるそうです。

素敵な笑顔

失明の危機を乗り越えたドラとフェリックスは、その喜びに満ち溢れた姿で、新しい里親さんにもたくさんの幸せを届けてくれることでしょう♪

幸せいっぱいの猫

出典:portraitsofananimalshelter.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう