人生に、もふもふを。

下半身麻痺の状態で発見された子猫。驚異的な回復力でみんなを驚かせる! (7枚)

0

ある日、子猫の『フリント』が保護施設「ウィスカー・ストップ」に保護されました。フリントは怪我(軟部組織損傷)のため下半身が麻痺し、シッポや後ろ足を動かすことができなかったのです。

こちらを見る子猫

しかし、フリントには怪我に負けないくらいの闘志がありました。その姿を見て、施設のスタッフはフリントを少しでも回復させられるように力を尽くしたのです。

下半身麻痺の子猫

施設スタッフによる運動とマッサージ、そして電気療法でフリントはシッポや足の感覚が少しずつ戻ってきました。そして、僅かに筋肉を動かせるようになったのです。その変化は、スタッフに更なる回復への希望を与えました。

治療中の子猫

さらにフリントの筋肉を強くするために、獣医さんの指示に従って特別な食事とサプリメントを与えました。

治療中の子猫

そして、数週間後。
スタッフの献身的な看病で、フリントの身体に大きな変化がありました! 最初は無反応だったシッポと後ろ足の感覚が戻ったのです。

Kym McNulty looky here!!!!

April Springerさんの投稿 2016年7月3日

神経が正常に働くようになったフリントは、筋肉を動かすためのリハビリを重点的に続けました。

遊ぶ子猫

そして、フリントは徐々に自分の足で立てるようになってきたのです!

ご飯を食べる子猫

こちらは、車椅子を使って元気いっぱいに部屋中を駆け回るフリントの姿です。

Well Flynt is feeling better and is certainly back to his old ways again!
Please excuse my house. It's in a constant state of remodel. I am thankful however, the lack of new flooring makes for easy rolling and clean up for incontinent kitties in wheelchairs. Lol.

April Springerさんの投稿 2016年8月23日

シッポや足が動かせるようになってきたフリントは、今度は膀胱や腸のコントロールができるように、さらにリハビリを続けていくそうです。

手を伸ばす子猫

確実に身体の機能が回復してきているフリントは、最終的には、健康な猫と変わらない生活を送れるようになる可能性もあるそうです。スタッフの献身的なリハビリのおかげで、驚くほどの回復を見せたフリント。きっと頑張り屋さんのフリントなら、下半身の麻痺を乗り越えて、自分の足で自由に動き回る日が来ることでしょう!

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう