人生に、もふもふを。

竹やぶの中で死の淵を彷徨っていた子猫。必死の鳴き声が女性の耳に届いて… (10枚)

0

ジョアン・ボーエルさんは、ギリシャにある小さな島で多くの猫の世話をしている女性です。ある晩、ジョアンさんが野良猫達にエサをあげていると、少し離れたところから子猫の声が聞こえてきました。声のする方に母猫がいる気配がなかったため、ジョアンさんは子猫を探し始めたのです。

保護子猫

ジョアンさんは近くの竹やぶの中で2匹の子猫を見つけました。残念なことに、1匹はすでに亡くなっていましたが、もう1匹はかろうじて生きていたのです。どうやら何日もご飯を食べていなかったようで、子猫はひどい栄養失調でとても衰弱していました。

ジョアンさんは子猫を保護して自宅に連れ帰ると、目をキレイに洗浄してあげました。しかし、ノミと感染症のため、子猫の目はすぐには開かなかったのです。

ジョアンさんは子猫にミルクを飲ませてあげました。そして、タオルを敷いた箱の中へ子猫を入れて、お湯入りのボトルで身体を温めてあげたのです。

それから14時間後。ついに子猫の目が開きました!

ヨチヨチ子猫

ジョアンさんは、子猫に『チリ』と名づけました。

ジョアンさんは元気を取り戻してきたチリに、別の場所で保護された姉妹の子猫『カネリ』と『バニラ』を紹介しました。3匹は出会ってすぐに仲良くなり、いつも一緒にいるようになったのです。

子猫の兄弟

チリは栄養失調で発育が遅れていたため、同い年の子猫と比べるととても小さかったそうです。

可愛い顔の子猫

チリは保護されてから数週間、体調が不安定な時期が続きました。しかし、チリはひとりではありませんでした。ジョアンさんや姉妹に助けられて、危険な状況を乗り越えることができたのです。

横になる子猫

深い愛情で結ばれたチリと姉妹は、いつも一緒で離れることはありません。

兄弟と一緒

元気になったチリはさらに食欲が増してきました。ジョアンさんが今まで育ててきた子猫の中で、チリが一番ご飯を食べるそうです。

見つめる子猫

この頃のチリは姉妹と同じくらいの大きさですが、目だけはとても大きく、ジョアンさんはその特徴的な目が大好きなのだそうです。

兄弟と遊ぶ子猫

チリの身体はずいぶん成長しましたが、まだまだ心は甘えん坊な赤ちゃんのままです。いつもジョアンさんにしがみついて、たっぷりと甘えているそうです♪

抱っこされる子猫

さらにチリは成長し、ついに姉妹を越えました。ジョアンさんはチリがどこまで大きくなるか、とても楽しみにしているそうです。

手足の大きな子猫

こうしてすっかり元気を取り戻しましたチリですが、ジョアンさんは過去の辛い経験が、心に傷を残していないかと心配しているそうです。そのためジョアンさんはこれからもチリの傍にいて、我が子のようにずっと見守っていきたいと考えているそうです。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう