人生に、もふもふを。

出会ってすぐに腕の中で眠り始めた野良の子猫。その姿があまりにも可愛くて、連れて帰ると… (7枚)

0

ある日、1匹の野良の子猫が保護団体『スクールキル・センター』に保護され、動物病院『ワイルドライフ・リハビリテーション・クリニック』に運ばれてきました。

キャリーケースの中の子猫

早速、運ばれてきた子猫を動物病院スタッフのルークさんが抱きかかえると、喉をゴロゴロと鳴らした後、幸せそうに眠りについたのです。その愛らしい子猫の姿に、ルークさんのハートは撃ち抜かれました! ルークさんはすぐに、病院の上司に子猫を引き取りたいと申し出たのです!

男性に持たれる子猫

ルークさんは子猫に『ビーン』と名づけました。新しい家に着いたビーンは、一通り部屋の中を探索すると、すぐに遊び始めたそうです♪

座る子猫

ビーンは人に抱きかかえられることが好きなようで、ルークさんが両手で抱えてあげると、幸せそうに喉を鳴らし始めるのです。

男性に持たれる子猫

そして、赤ちゃんのように抱っこされると…

抱っこされる子猫

すぐに眠ってしまうそうです♪

抱っこされる子猫

ルークさんは、家に慣れたビーンに先住猫を紹介しました。ルークさんの家には数匹の猫が住んでいるのですが、猫達はみんな保護猫だそうです。

下の写真の猫は、妹と一緒に保護施設から引き取った『バター』です。バターはビーンの2歳年上のオス猫ですが、とても愛情深い猫のため「きっとビーンを甘やかすだろうな」とルークさんは思っているそうです。

バターについてもっと知りたい方は『保護施設から引き取って以来、毎日欠かさずハグしてくれる猫』の記事をご覧ください。

先住猫と子猫

ルークさんが保護猫を引き取ったのは、ビーンで3回目だそうです。ルークさんは「猫と暮らし始めたことで毎日が充実し、人生が豊かになった」と言います。きっと新しく家族になったビーンも、ルークさんや先住猫にたくさんの幸せを届けてくれることでしょう♪

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう