人生に、もふもふを。

豪雨の翌日、ズブ濡れの状態で倒れている子猫を発見! すぐに保護して看病を続けると… (7枚)

0

ニュージーランドのオークランドに住むキャサリンさんが、土砂降りの翌日、道端に倒れている幼い子猫を発見しました。ズブ濡れの子猫は衰弱しきっていて、命の炎が消えかかっていたのです。

手の中の子猫

このままでは子猫が危ないと思ったキャサリンさんは、すぐに子猫を自宅へと連れて帰りました。そして、子猫の看病を始めたのです。

幼い子猫

キャサリンさんは夫と交代しながら、2時間おきにミルクを飲ませてあげました。夫婦の懸命な看病のおかげで、子猫は徐々に力を取り戻していったのです。

ミルクを飲む子猫

こちらは一生懸命にミルクを飲む子猫の様子です。

Dinner time!

I've been signing autographs all afternoon and I'm So Hungry!

Bruce the catさんの投稿 2015年11月10日

子猫は一気にミルクを飲み干すと、暖かい毛布の中で満足そうに眠り始めました。

タオルにくるまる子猫

夫婦は、危険な状況を乗り越えた子猫に『ブルース』と名づけました。すっかり元気を取り戻したブルースは、夫婦に可愛い姿をたくさん見せてくれるようになったのです。

お昼寝する子猫

保護から約1ヶ月半。
ずいぶん大きくなったブルースは、とってもヤンチャで甘えん坊になりました。いつも家の中を駆け回って、キャサリンさん達にたっぷりと ”かまってアピール” をしてくるそうです♪

足にしがみつく子猫

保護から約2ヶ月。
温かい家で何不自由無く暮らすブルースは、幸せいっぱいです♪

大きくなった子猫
眠る子猫

こうして豪雨の中、衰弱した状態で発見されたブルースは、夫婦の必死の看病のおかげで、こんなに大きくなることができました。きっとブルースも、命を救ってくれた夫婦にとても感謝していることでしょう。

これからも夫婦の愛情をいっぱい浴びて、元気に育っていって欲しいですね♪

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう