人生に、もふもふを。

保健所で引き取り手が現れなかった猫。1,000kmも離れた場所から里親さんが迎えにきた! (12枚)

0

カナダのケベック州にあるモントリオールの保健所に猫の『ウィケット』は入っていました。誰も引き取り手が現れなかったウィケットには、悲しい最期が近づいてきていたのです。

そんな中、ウィケットのことを引き取りたいという男性がついに現れました。

男性はモントリオールの保健所からから1,000kmも離れた場所に住んでいました。ちなみに1,000kmを日本で例えると、東京から鹿児島くらいの距離になります。男性はウィケットを引き取るために、キャット・レスキューチームを結成して、往復で2,000kmもの距離を車で移動したのです。

見上げるモフモフ猫

そして、キャット・レスキューチームは無事に保健所からウィケットを救い出しました!

たたずむ猫

長旅を終えたウィケットは男性の家で暮し始めました。

握手する猫

ウィケットはとても大きな猫で、男性はノルウェージャンかメインクーンだと思っているそうです。

寝転がる猫

ウィケットは男性の膝に乗り切らないほどの大きさなのですが、膝の上がとても気に入っているようで、長い時間をそこで過ごします。

いい表情の猫

ウィケットはとても人懐っこい性格で、男性の側から離れません。

くっつく猫

もちろん仕事のときもいっしょです!

パソコンを邪魔する猫
邪魔する猫

また、男性がベッドで寝ていると、いつの間にか横で寝ているのです♪

横になる猫

そんな甘えん坊なウィケットは、時にこんなお茶目な姿を見せてくれることも。身体は大きいですが、心はまだまだ子供のようです♪

面白いポーズの猫

ウィケットはもう男性から離れることはできません!

顔に被さる猫
面白い表情の猫

こうして悲しい最期を迎えようとしていたウィケットは、男性のおかげで幸せな暮らしを手に入れました。ウィケットと男性が暮し始めて1年が経ちますが、ふたりの仲はさらに深まっているようです。これからもふたりの幸せな日々は、ずっと続いていきそうですね♪

出典:imgur.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう