人生に、もふもふを。

車通りの多い道路で動けなくなっていた子猫。優しい犬との出会いが運命を変える! (10枚)

0

ある日、プラットさんが仕事から車で帰る途中、女性とその娘さんが歩道で何かをしていることに気づきました。親子はとても困っている様子だったので、プラットさんは車を止めて話を聞きに行ったのです。

親子は混雑した道路で動けなくなっていた子猫を助けようとしていました。しかし、車の数が多すぎて子猫を助けにいくことができなかったのです。

プラットさんはすぐに行動を起こしました。今にもひかれてしまいそうな子猫を助けるために、走ってくる車を止めながら子猫に近づいていったのです。

そして、ついに子猫を保護しました!

ご飯を食べる子猫

親子の家では子猫を飼えなかったため、プラットさんは助けた子猫を家に連れて帰りました。

外を見る子猫

プラットさんは一晩だけ子猫を家に泊めて、次の日に保護施設へと連れて行こうと考えていました。しかし翌朝、その考えが180度変わったのです。

プラットさんは朝になると、5歳の保護犬『ロキシー』に子猫を紹介してみました。するとロキシーは子猫に興味を持ち、愛情いっぱいに毛づくろいを始めたのです。その姿を見たプラットさんは、「ふたりは上手くやっていけそうだ」と感じたそうです。

そのためプラットさんは、保護施設に子猫を連れて行くのをやめて、代わりに動物病院へと子猫を連れて行ったのです。

犬と子猫

プラットさんは子猫に『クレンショー』と名づけました。

プラットさんの思った通り、ロキシーはクレンショーの母親役を快く引き受けてくれました。いつもクレンショーを見守り、たくさんのキスをして、優しく毛づくろいしてあげるのです。

クレンショーもロキシーに舐められて、とても幸せそうです♪

仲良しな犬と子猫

クレンショーはロキシーの背中に登って昼寝をするのが大好き。そして、目覚めるとロキシーの揺れるシッポで楽しそうに遊ぶのです。

いつもいっしょのふたりは本当の親子みたい。

いっしょの犬と子猫
犬の上で眠る子猫

こちらの動画は、ロキシーがクレンショーを毛づくろいしている様子です。

クレンショーは、11歳のポメラニアンの『ケイシー』とも仲良くなりました。ふたりはお互いに頭突きをする仲です。

犬と子猫

そして、こんなに可愛い姿を見せてくれることも♪

幸せそうな子猫
いっしょに眠る犬と子猫

さらにクレンショーは、先住猫の『ラッキー』とも友達になりました。クレンショーはラッキーにキスをしたり、シッポで遊んだりしているそうです。なんだか毛色や柄が似ていて、いっしょにいると親子と間違えてしまいそうですね♪

大人猫と子猫

こうして車道を歩いていたクレンショーは、偶然通りかかったプラットさんに助けられ、新しい家族の一員になりました。とくにロキシーからたくさんの愛情を注がれて、幸せな毎日を送っています。独りぼっちだったクレンショーはもう寂しくありません。これから先も優しい家族に見守られながら、のびのびと成長していくことでしょう。

出典:SHARRA PLATT

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう