人生に、もふもふを。

ある日、首の後ろを押してくるようになった猫。調べてみると驚きの事実が! (2枚)

0

迷子の子猫だった『トム』は、20年前にスー・マッケンジーさんに保護されました。トムとマッケンジーさんは、徐々に信頼関係を築き、お互いになくてはならない存在になっていったのです。

とても仲の良いふたりですが、トムは甘えん坊さんではなかったようで、日頃からマッケンジーさんにべったりとくっつくことはありませんでした。

ガンを見つけた猫

ある日のこと、トムは今まで見たことのない不思議な行動をとり始めました。普段はマッケンジーさんにくっつかないトムが寄ってきて、首の後ろを触り始めたのです。あまりにしつこく触ってくるので、マッケンジーさんは少しイライラしてしまったそうです。

しかし、何かおかしいと感じたマッケンジーさんは、トムが触っている部分を医者に診てもらったところ、悪性の腫瘍ができていました。マッケンジーさんはホジキンリンパ腫という病気だったのです。なんとトムは、マッケンジーさん自身も気づいていなかった病気を、必死に知らせようとしていたのです!

このホジキンリンパ腫はガンの一種で、全身に広がっているリンパ組織内の細胞が悪性化し、次第に全身の臓器を侵していく病気です。痛みがないため早期発見が難しく、気がついた時にはかなり肥大化していることが多いそうです。

ガンを見つけた猫

その後、マッケンジーさんは6回の化学療法でガンに打ち勝つことができました。トムが教えてくれなかったら、今頃マッケンジーさんの命はなかったことでしょう。

実はこれまでに飼い主さんのガンを知らせたのは、トムだけではありません。2012年には、ウェンディー・ハンフリーさんの飼い猫の『フィッジ』が、豆粒くらいの悪性腫瘍を見つけ、飼い主さんに知らせたそうです。

もしかすると、猫は何か特別な能力を持っていて、飼い主さんとの深い信頼関係が築かれた時に発揮されるのかもしれませんね。

ちなみに、マッケンジーさんの病気が治ると、トムは普段の生活に戻り、ひとりの時間を楽しんでいるそうです。

出典:itv.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう