人生に、もふもふを。

立ち上がる力もなく車道に倒れていた子猫。愛情を注がれて2ヶ月経つと… (10枚)

0

ある日、車道で倒れていた子猫が保護施設へと運ばれてきました。子猫は、重度の肺炎などを患っていて、哺乳瓶からミルクを飲み込む力も残っていなかったのです。施設のスタッフは子猫が力を取り戻せるように、一日中子猫の看病を続けました。

こちらが、救助当日の子猫の姿です。

病気の子猫

翌日になると、子猫は無事に峠を越えたようで、じょじょにご飯を飲み込めるようになって来ました。

少しずつ力を取り戻して来た子猫に、スタッフは『エイプリル』と名づけました。

眠る子猫

保護施設では、エイプリルの呼吸を助けるための治療が行われました。そのおかげでエイプリル容態が安定し、食欲が出て来たのです。

ミルクを飲む子猫

そして10日後には、シリンジから勢い良くご飯を食べられるくらいまでに回復したのです。

さらに数日後に、自分でグルーミングができるようになりました。スタッフは、その様子を見て「もう、この子は大丈夫」と心の緊張がとけたそうです。

スヤスヤと眠る子猫

診察室では、救助猫の『ヒューゴ』がいつも心配そうに見守ってくれました。孤児のエイプリルに、素敵なお兄さんができたようです。

先住猫と子猫

救助されてから1ヶ月後。
冒険心が解き放たれたエイプリルは、身の回りのもの全てに興味津々です。

ルンバと子猫
ミルクを飲む子猫
元気になった子猫

元気に動き回るエイプリルの姿は動画でどうぞ。
トコトコと走る姿がとっても可愛いですよ♪

April Update- WARNING: This video contains cuteness overload by baby April! You will want to watch this video on a continuous loop. She's on the move! #JusticeForApril

SPCA Suncoastさんの投稿 2016年4月12日

もうそこには生死の縁を彷徨っていたエイプリルの姿はありません。

眠たそうな子猫

こちらが2ヶ月後の様子。
可愛い瞳と大きな耳、そしてたっぷりの遊び心をもったキュートな猫へと成長しました。

抱っこされる子猫

これから里親さん探しが始まるエイプリル。こんなに可愛い姿を見たら、誰もが一目惚れしてしまいそうですね。辛い時期をスタッフといっしょに乗り越えたエイプリルには、幸せな未来が待っているのです♪

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう