人生に、もふもふを。

保護施設から家族に迎えた猫。心を開いた猫が4つの幸せを届けてくれた♪ (13枚)

0

ある日、約2歳になる猫『オリビア』は、シアトルの動物保護施設に保護されました。以前の飼い主さんが、ある事情でオリビアを飼えなくなってしまったため、施設に連れてこられたのです。

施設に入った時のオリビアは妊娠中でした。施設スタッフはすぐに里親さんが見つかるか心配していましたが、幸いにもシンディという女性が引き取ってくれることになったのです。

保護施設から迎えた猫

こうしてシンディさんに引き取られたオリビアでしたが、慣れない環境に戸惑い、毛布の中からなかなか出てきませんでした。そんなオリビアのために、シンディさんは新しいベッドを用意してあげたのです。

可愛い家と猫

なかなか心を開かないオリビアに、シンディさんは毎日優しく話しかけ、少しずつ距離を縮めていきました。

そして、ある日、嬉しい姿を見せてくれたのです!

心を開いた猫

シンディさんは、オリビアがストレスなく出産を迎えられるために新しいベッドを用意したりと、可能な限り快適な空間作りを心がけました。

そして、オリビアが家に来てから2週間後、4匹の元気な赤ちゃんが産まれたのです!

ミルクを飲む子猫

ちょっと誇らしげなオリビアお母さん。

幸せそうな母猫と子猫

オリビアはとても母性本能が強く、子猫達に愛情をいっぱい注ぎ始めました。

いっしょに眠る母猫と子猫

もちろん子猫達も、優しいオリビアお母さんが大好きです。

まったりくつろぐ母猫と子猫
団子状態の子猫

シンディさんも子猫達の可愛らしい姿に、毎日が癒しの連続だそうです♪

それから1カ月半後。

ずいぶん大きくなった子猫達は、可愛らしさ全開です!

お昼寝中の子猫達
みんなで記念撮影する猫の親子

2匹の子猫はとても甘えん坊さんのようで、時々、こっそりとお母さんのミルクを飲んでいるそうです♪

猫の親子

こちらはオリビアお母さんの毛づくろいタイム(動画)

最初は心を閉ざしていたオリビアでしたが、シンディさんの優しさに触れて心を開きました。そして、たくさんの幸せをシンディさんにお返ししてくれたのです。

今、オリビアの可愛い子猫達は、安全な家の中ですくすくと成長しています。これからもシンディさんとオリビア、そして4匹の子猫達の幸せな生活はずっと続いていくことでしょう♪

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう