人生に、もふもふを。

「ボクにまかせて!」保護施設の猫は、母親の愛情を知らない子猫達のお父さんになる (6枚)

0

ある日、アラスカのウェールズでダンボールの中に入った生後3週目の6匹の子猫が見つかりました。幸いなことに捨てられてすぐに、下校途中の子供達が発見し、保護施設へと連れて来られたのです。

子猫とお父さん

スタッフのミンチさんが子猫達の世話を始めると、この施設に保護されていたオス猫の『ヘンリー』が近づいてきて、ミンチさんを助けるように子猫達の世話を始めたのです。ヘンリーは神経障害を患っていて、歩行時にはガクガクと揺れながら歩くそうです。

子猫の面倒を見る父猫

もうすっかり子猫達の父親になったヘンリーは、スタッフが子猫達を獣医さんに診せるためにキャリーバッグに入れようとすると、「ボクの赤ちゃんに何するの!」と言っているように、怖い顔を向けてくるのです。

いっしょの猫の親子

ヘンリーはミルク以外の世話を全てやってくれました。そんなヘンリーにミンチさんはとても感謝しているそうです。

ギュウギュウな父と子猫

こちらの動画では、ヘンリーお父さんと子猫達の日常の様子が撮影されています。とても愛情深いヘンリーお父さんの姿をぜひご覧ください。

その後…

ヘンリーは保護施設を出て、里親さんの元で暮しています。愛情いっぱいのヘンリーは、新しい家で出会った子猫達も優しく育てているそうです。

幸せそうな猫の親子
子猫は元気いっぱい

子猫が大好きなヘンリーは、優しいまなざしで子猫達を見守り続けました。母親のいない子猫達もヘンリーがいればちっとも寂しくなんかありません。保護施設で出会った6匹の子猫達も、里親さんの元で出会った子猫達も、ヘンリーからたくさんの愛情を注がれて、幸せに包まれながら成長することができたのです。

出典:ketchikanhumanesociety.org

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう