人生に、もふもふを。

路上で見つけた独りぼっちの子猫。飼い主さんのお腹の中の赤ちゃんに気づくと… (7枚)

0

子猫の『セムソン』は、路上に置いてあったのゴミ箱の横で発見されました。妊娠中のジョエルさんは、独りぼっちのセムソンを家に連れて帰ることにしたのです。

拾われた子猫

セムソンは生後約2週の幼い子猫で、かろうじてヨチヨチ歩きができるくらいでした。ジョエルさんは、そんなセムソンの身体を温め、ミルクをたっぷりと飲ませてあげました。そして、夫に協力してもらいながら、セムソンの世話を始めたのです。

ミルクを飲む子猫

優しくしてくれるジョエルさんのことをお母さんだと思い始めたセムソンは、ジョエルさんの傍から離れなくなりました。そしてセムソンは、お気に入りの昼寝スポットを見つけたのです。

見上げる子猫

セムソンは昼寝のたびに、ゴロゴロと喉を鳴らしてお母さんのお腹に抱きつきます。どうやら、お腹の中の赤ちゃんのことが分かっているようです。

お腹で眠る子猫

そして、赤ちゃんがお腹の中で動くと、赤ちゃんをなだめるかのように、さらにゴロゴロと喉を鳴らすのです♪

お腹にくっつく子猫

生後4週齢になったセムソンは、ご飯もウェットフードになりました。身体が大きくなるとともに好奇心も増してきて、家中を歩き回るようになりました。保護した直後の弱々しさは、もうどこにもありません。

ひょっこり顔を出す子猫

まだまだ幼いセムソンですが、いつもジョエルさんやお腹の中の赤ちゃんに、愛情をいっぱい注いでいるのです。

くっつく子猫

ジョエルさんもセムソンの可愛らしさに、いつも心が癒されているそうです。きっと、お腹の赤ちゃんにもいい影響を与えていることでしょう。もうすぐ赤ちゃんが産まれますが、愛情いっぱいのセムソンは、面倒見のいい素敵なお兄ちゃんになりそうですね♪

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう