人生に、もふもふを。

幼い頃に保護施設に入った困り顔の子猫。新しい家族に出会い成長すると… (11枚)

0

子猫の『ボム』は3匹の兄弟と一緒にサンディエゴ動物保護施設に保護されたのですが、ボムだけはいつも心配そうな顔をしていました。その愛らしいボムの顔にスタッフはみんな、一目惚れしてしまったそうです。

困り顔の子猫

その後、保護施設の近くに住むコートニーさんがボムの里親さんになりました。

ボムは恥ずかしがり屋さんでしたが、一度心を開くと、とても甘えん坊さんに大変身しました。毎日欠かさず、飼い主さんとハグしているそうです。ちょっとおとぼけ顔のボムですが、とっても賢くて明るい子なのです。

困り顔の子猫

飼い主さんはボムの目が大好きだそうです。

箱が大好きな子猫

コートニーさんの食事時間になると、ボムの顔がさらに困り顔になるそうです。こんな顔をされたら断るのが難しそうですね(^-^;

困ってる子猫

同居するキングマンともとっても仲良し。いつもいっしょに遊んでいます。

見あげる猫

コートニーさんが保護施設から2匹の子猫を引き取ると、ボムはお兄さんのように面倒を見始めました。どうやら子猫たちも優しいお兄さんのことが大好きのようです。

新しい子猫の親になる

そんなボムですが、たまにおめかしすることも♪
でも、ちょっと自信なさそうに見えますね。

ネクタイ姿の猫

すっかり大人になったボム。
身体の模様はトラみたいで強そうですね!

たくましくなった猫

そんな愛らしいボムが動いている様子を、ちょっとだけ覗いてみましょう♪

保護施設に来た頃のボム。
目の前で動く指に興味津々です。

少し大きくなったボム。
鳴き声と半開きの口がとっても可愛い♪

大人になったボム。
ご飯をもっと食べたいようで、困り顔がさらに困り顔に。

幼い頃に兄弟といっしょに保護されたボムですが、コートニーさんやキングマンに出会い、毎日を楽しく過ごしています。また、子育て上手で頼りがいのあるボムに、コートニーさんも大助かりのようです。

これからも楽しい仲間といっしょに、幸せな日々を送っていって欲しいですね♪

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう