人生に、もふもふを。

まん丸の瞳を持つ盲目の猫。路上でさまよっていたところを保護されると… (8枚)

0

盲目の猫『ジャスミン』は何も見ることができません。しかし、全てを見通せるような不思議な瞳を持っているのです。

こちらを見上げる猫

ジャスミンは路上でさまよっているところを発見されました。発見した人はジャスミンの目が見えないことがすぐに分かったそうです。

その後、ジャスミンは動物保護施設に入り、里親さんの募集が始まりました。

丁度その頃、猫を飼いたいと考えていたサンドラさんは、facebookに掲載されていたジャスミンの写真に一目惚れしてしまいました。

ダンボールの隣の猫

早速、保護施設に向かったサンドラさん。スタッフにジャスミンが盲目だと言うことを説明されましたが、ジャスミンへの想いは消えませんでした。サンドラさんは以前、老化によって視力を失った猫と暮らしていたため、目が見えないことは気にならなかったのです。

ダンボールに入る猫

こうして新しい家族と巡り会えた盲目のジャスミンですが、生まれた時は目が見えていたそうです。しかし、適切な世話をしてもらえず、栄養がとれなかったことで目が見えなくなってしまいました。そして、目の見えなくなったジャスミンは路上に捨てられてしまったのです。

目がまん丸な猫

そのため、サンドラさんの家に来た頃のジャスミンは、非常に人間を恐れていました。ジャスミンの怖がる様子を見たサンドラさんは、まずはいっしょに暮らしていた先住猫や犬と仲良くなるまでじっと待ち、その後少しずつジャスミンに近づいていったのです。

モフモフの猫

そんなサンドラさんの努力が実り、ついにジャスミンは心を開きました。一度心を開いたジャスミンは、サンドラさんの傍から離れなくなりました。そして、毎晩サンドラさんのベッドで眠るようになったのです。

成長した猫

サンドラさんが家を数日間空けなければならなかった時は、ずっとベッドの上でカサンドラさんの帰りを待っていたそうです。

こちらを見る猫

ジャスミンとサンドラさんは、お互いに離れられない存在です。ジャスミンはサンドラさんなしでは生きていけず、サンドラさんもジャスミンなしでは生きていけないのです。

幸せそうな猫

盲目のジャスミンは何も分からないまま路上に放置されました。何も見えない状態で置き去りにされたジャスミンは、どれほど恐ろしかったことでしょう。

しかしサンドラさんとの出会いがジャスミンを変えました。人を恐れていたジャスミンも、優しいサンドラさんと接することで、人を信じられるようになったのです。

これからもサンドラさんとジャスミンが離れることはありません。今まで辛かった分、サンドラさんにいっぱい甘えて、幸せな日々を送っていって欲しいですね。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう