人生に、もふもふを。

橋の上から落下して下半身が動かなくなった子猫。保護して2ヶ月経つと…

0

ある日、橋の上にいた子猫に散歩中の男性が近づいてきました。男性に襲われると思った子猫はパニックに落ち入り、そのまま高い橋から飛び降りてしまったのです。その様子を目撃していた撮影者さんが、すぐに子猫の元へと駆けつけます。

「おうちへ帰ろう」という言葉に胸が熱くなりますね…

撮影者さんは、この後すぐに動物病院に子猫を連れて行きましたが、下半身は動かないままでした。そんな子猫に撮影者さんは『ネネ』と名付け、いっしょに暮らすことにしたのです。

保護して4日目。
元々、この家には『ウズ』という名前のメス猫が住んでいたのですが、最初の頃はネネのこと受け入れようとしませんでした。

保護して8日目。
ふたりは急速に接近し、ついにウズはネネを受け入れたのです。

そして、保護して10日目。
すっかりネネの母親代わりになったウズに奇跡が起こりました。なんと出産も経験したことのないウズから母乳が出始めたのです。

母性本能はすごいと改めて感じさせてくれます。

保護して2ヶ月後。
この2ヶ月間、病院に通院し続け、ネネの下半身は完全ではありませんが、生活には問題ないくらいまでに回復しました。

また自分足で歩けるようになって本当に良かった!

大変な時期を過ごしたネネですが、優しい飼い主さんとウズのおかげで、今ではとても楽しい毎日を送っています。これからもいっぱい甘えて、いっぱい遊んで幸せに暮らしていって欲しいですね♪

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう