人生に、もふもふを。

深い絆で結ばれたおばあちゃんと猫。14年間いっしょに暮らし、同じ日に天国へ…

0

猫の『ギャビー』がおばあちゃんの家に来たのは2歳の時でした。おばあちゃんは3匹の猫を保護施設から引き取ったのですが、ギャビーだけは家についてすぐにくつろぎ始めたそうです。

おばあちゃんと猫

3匹の中でおばあちゃんに一番懐いたのもギャビーでした。

おばあちゃんは読書が大好きで、毎日、本を読んでいました。ギャビーはおばあちゃんの「読書友達」になったようで、いつも本を読むおばあちゃんに寄り添っていました。そして、おばあちゃんが別の部屋に移動すると、ギャビーもいっしょに移動したのです。

こちらを見る猫

おばあちゃんとギャビーはまるで運命を共にしているかのように、どんな時もいっしょでした。そして、いっしょに暮らしていたおじいちゃんが亡くなると、お互いの心の隙間を埋めるかのように、さらにふたりの絆は深くなっていったのです。

幸せそうな猫

14年間ずっといっしょに暮らしてきたふたりでしたが、ついに最後の日が訪れました。

その日、おばあちゃんは弱々しく息をするギャビーを獣医さんのところへ連れて行きました。しかし、寿命を迎えたギャビーの容体は回復することなく、おばあちゃんに優しく撫でてもらいながら天国へと旅立っていったのです。

おばあちゃんはギャビーに別れを告げた後、自宅へと戻りました。そして、昼寝用のソファーに座って数時間後、静かに息を引き取ったのです。

おばあちゃんは生前「自分が先に死んでしまったら、残されたギャビーがとても心配」と語っていたそうです。自分の半身のようなギャビーが先立ち、悲しみに暮れるおばあちゃんでしたが、それと同時に最期を看取ることができて安心したのではないでしょうか。

息を引き取ったおばあちゃんは、ギャビーの道案内で天国へと旅立ちました。ふたりはこれからも大好きな本に囲まれながら、いつまでも寄り添い続けていくことでしょう。

出典:thedodo.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう