人生に、もふもふを。

豪雨の中捨てられていた未熟児の子猫。愛情いっぱいに育てると… (8枚)

0

ある豪雨の夜に、バルガスさんは自宅の裏庭の屋根の上で捨てられていた子猫を発見しました。母親に捨てられたのか、人間に捨てられたのかは分かりませんが、子猫は冷たい雨の中で必死に生きようとしていたのです。

「この子はこの小さな身体で、ずっと雨の中にさらされていたのか…」と可哀想に思ったバルガスさんは、すぐに家に連れ帰り、ご飯を食べさせ、一晩中身体を温めてあげました。子猫は安心したようで、バルガスさんの腕の中で幸せそうに眠りについたそうです。

手の中の子猫

翌日、獣医さんのところへ連れて行ったところ、この子猫が30g未満の未熟児だと分かりました。通常の猫の生まれた時の平均体重が約100gなので、その小ささがよく分かります。

病院から帰宅すると、バルガスさんの看病の日々が始まりました。その日以来、子猫が中心の生活へと変わっていったのです。

抱かれる子猫

看病を初めてから10日後、ついに子猫の目が開きました!

ヨチヨチ歩きの子猫

子猫はぐんぐん成長し、バルガスさんの大きな肩にも登れるようになりました。

方の乗る子猫

最初は手のひらサイズだった子猫も、保護してから8週目には、腕で抱えないと持てないくらいの大きさになりました!

手の中で眠る子猫

そして、こんなにハンサム猫さんに育ったのです!
体格のいいバルガスさんの腕の中で、かっこよくポーズを決めていますね♪

こちらを見る子猫

今ではイラストレーターの仕事をしているバルガスさんのお手伝い(?)もできるようになりました♪

ハンサムに成長した子猫

バルガスさんは子猫に『バギラ』と名付け、楽しい日々を送っています。

くつろぐ猫

手のひらサイズだった子猫は、バルガスさんの愛情を一身に受けて、こんなに大きく成長しました。豪雨の中、優しいバルガスさんに出会えて本当に良かった。

これからも仲良しコンビで、いつまでも幸せな毎日を過ごしていって欲しいですね!

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう