人生に、もふもふを。

前足は不自由だけど、後ろ足で上手に立てるよ。 障害を抱えた猫の成長記録に感動…

0

カンガは前足に障害を持って生まれてきた猫です。そのため、普通の猫のように4本足で歩くことはできません。しかし、後ろ足を上手に使って、活発に動き回ることができるのです。

立ち上げる子猫

カンガはサンフランシスコのグレースレスキューセンターによって保護されました。幸いなことに保護されたカンガは、その愛らしい姿からすぐに里親さんが見つかったそうです。

上を見上げる子猫

カンガは橈骨発育不全と言われる、前足の手首から肘の骨が短くなってしまう先天的な症状を持っていました。この症状を持つ猫は、前足では身体の重さを支えられないため4本足で歩くことが難しいのです。

しかし、そんな症状を抱えたカンガですが、特に気にしている様子はありません。カンガの名前の由来でもあるカンガルーのように、後ろ足を使って上手に立つことができるのです。

カンガルーのような子猫

カンガはとっても活発な猫で、前足に障害があるとは思えないくらい機敏に動くことができます。きっとカンガ自身も、他の猫と違うところなんて何もない思っていることでしょう。

ベッドで休む子猫

こちらが里親さんのところへ来たばかりのカンガの様子です。
全身でバランスをとりながら上手に立ち上がっています。

それから1年後。
カンガはとてもたくましく成長しました。今は、優しい飼い主さんの家で、2匹の犬と猫のスキットルズといっしょに暮らしています。

成長した子猫
飛ぶ子猫
他の猫と一緒の子猫

そんなある日のこと、幸せそうに暮らすカンガ達の元に新たな子猫がやってきました。

子猫の名前は『ヘクター』。ヘクターはカンガ同様、グレースレスキューセンターが救助した猫で、発見当初は大きな傷のせいで、しっぽが腐りかけていたそうです。しかし、緊急手術のおかげで何とか回復することできました。

新しい子猫

ドキドキしながら新しい家に来たヘクターでしたが、カンガととても気が合ったようで、すぐに仲良くなりました。どうやらカンガはヘクターのことを弟のように思っているようです。

いっしょに遊ぶ子猫

出会ってから二日後のふたりの様子。
ずっといっしょに暮らしていたかのように、楽しそうに遊んでいます。

Kanga Roo and Hector – Day 2. Play buddies.

Posted by Kanga Roo on 2015年5月4日

いつもいっしょに遊ぶふたり。
ヤンチャなヘクターに、カンガの方が押され気味みたい♪

カンガとヘクター

前足が不自由な状態で生まれてきたカンガですが、今は何一つ不自由を感じていません。優しい家族と仲間達、そして新しくできた弟といっしょに、これからも幸せいっぱいに暮らしていって欲しいですね。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう