人生に、もふもふを。

障害ゆえ森の中に捨てられた子猫。2本足で元気に駆け回る姿に感動

0

ある日、アメリカのフロリダに住む画家のキャリー・ホークスさんは森の中に捨てられていた子猫を発見しました。その子猫は前足の2本だけで後ろ足はありませんでした。キャリーさんはすぐに病院へ子猫を連れて行き調べてもらうと、最初から後ろ足が無い状態で生まれたということが分かったのです。

キャリーに入る子猫

子猫は障害のために親猫に置いてきぼりにされたのか、人間に捨てられたのかは分かりませんが、暗い森の中で右も左も分からず、頼るものも無いという状況はどれほど辛いものだったでしょう…

そんな状況でキャリーさんと出会ったのは奇跡であり、運命だったのかもしれません。

お気に入りのオモチャで遊ぶ猫

キャリーさんは、子猫に『アナキン』という名前をつけました。この名前は、スターウォーズに登場する『アナキン・スカイウォーカー』からとった名前です。この名前には「くじけずに強く生きて欲しい」という思いが込められています。

見つめる猫

キャリーさんと獣医さんは、そのうちアナキンには後ろ足の代わりになる車いすが必要になるだろうと考えていました。しかし、アナキンには必要ありませんでした。他の猫と同じように移動することができるのです。おもちゃで遊ぶ姿は普通の子猫と全く変わりません。

オモチャで遊ぶ二本足の子猫

後ろ足がないことは大変な障害のように思えますが、アナキンは前足やしっぽを上手くつかってバランスを取りながら移動することができます。そんなアナキンのことをキャリーさんは「足がないのは個性。」と言います。たしかにアナキンの動く姿を見ていると、彼にとってはそれが普通のことで、他の猫に劣っているとは全く感じられません。

キャリーさんは、障害に負けずに元気に生きるアナキンの姿をSNSに投稿することにしました。アナキンの姿は世界中に拡散され、多くの人々に勇気を与えました。そして、アナキンは「ミラクル・キャット」と呼ばれるようになったのです。そんなアナキンの元へは、たくさんの手紙やプレゼントが届くそうです。

たくさんの手紙やプレゼントが届いている

現在のアナキンの様子です。
とってもヤンチャだった子猫は立派な大人に成長しました。

大きくなった二本足の猫

努力することで弱い部分を見事に補い、他の猫とほとんど変わらない生活を送るアナキン。大きなハンデを背負いながらも、力強い足取りで前に進み続けるアナキンに勇気づけられます。

出典:@AnakinTheTwoLeggedCat

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう