人生に、もふもふを。

親子の愛が伝わってくる… 10年間いっしょだった犬をガンで亡くした猫のお話

0

10年間いっしょだった犬の『チャーリー』を2週間前にガンで亡くした、猫の『スカウト』のお話です。

仲良しな犬と猫

猫のスカウトが犬のチャーリーに出会ったのは、スカウトが生後5週半くらいの時でした。家に来た最初の日は、チャーリーに抱き寄せられて、ようやく眠ることができました。

大好きな犬といっしょに過ごす猫

その日以来、チャーリーはスカウトのお父さんのような存在になりました。二匹はお互いのことが大好きで、片時もそばから離れようとしません。もちろん、寝るときも一緒です。

いつもいっしょの犬と猫

チャーリーはとっても優しいお父さんで、スカウトが望んだことは何でもさせてあげました。

猫の面倒を見る犬

二匹はご飯を食べる時もいつもいっしょです。スカウトはチャーリーの耳の匂いを嗅ぐのが大好きで、食事の時も匂いをクンクンと嗅いでいました。

仲良しな犬と猫の食事

もちろん休憩中も耳の匂いをクンクンと嗅ぎます。一方のチャーリーも、スカウトに嗅がれるのがとっても好きだったようです。

犬の背中で丸くなる猫

どこへ行くにも二匹はいっしょ。その姿は本当の親子のようでした。

犬の様子を見る猫

そして、ある日、チャーリーはガンで亡くなりました…

チャーリーがいなくなって元気を無くしたスカウト。
飼い主さんはそんなスカウトのために、チャーリーのベッドの上で、元気だった頃のチャーリーのビデオを流してあげました…

亡くなった犬のDVDを見る猫

チャーリーのビデオから片時も離れようとしないスカウト。

DVDの前で丸くなる猫

そして、映像の中のチャーリーを、スカウトは一生懸命に抱きしめようとします。でも、そこには温かくて大きかった身体も、大好きだった耳の匂いもありません…

いっしょに眠る猫

どれほどスカウトがチャーリーのことを好きだったか…
好きであればあるほど、失ったときの悲しみは大きなものになります…
ずっと一緒にいたかった。その想いがスカウトの姿から伝わってきます。

スカウトがこの悲しみを乗り越え、チャーリーが残してくれた幸せな思い出と共に、前を向いて生きていける日が来ることを願っています。

出典:imgur.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう