人生に、もふもふを。

氷点下の奇跡! 置き去りにされた赤ちゃんを温め続け命を救った猫

0

この奇跡は2015年1月の極寒のロシアで起こりました。
ロシアの1月の平均気温はマイナス10度。夜にはさらに気温が下がり、マイナス16度ほどになります。そんな極寒のロシアのアパートの廊下で、箱に入れられて置き去りにされた生後2ヶ月の赤ちゃんを発見した野良猫がいました。マーシャという名のその猫は、氷点下の寒さの中、自分の毛で赤ちゃんを温めながら住民が気づくまで一生懸命鳴き続けたそうです。

幼い命を救ったマーシャは、現在も赤ちゃんを発見したマンションの廊下で暮らしています。

住人といっしょの猫のマーシャ

赤ちゃんは生後2~3ヶ月で、どこも悪い所も無く至って健康だそうです。もしマーシャが赤ちゃんを温めていなかったら凍えていたでしょう…

猫に助けられた赤ちゃん

その後、名前の分からない赤ちゃんに、病院の人たちがイヴァン・ペトロヴィッチ・オビニンスキーと名前をつけたそうです。また、このニュースを知った世界中の人々から、赤ちゃんと猫を引き取りたいという申し出がたくさんあったそうです。

マーシャの愛情の深さには本当に驚かされます。
幼い命が助かって本当に良かったですね。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう