人生に、もふもふを。

人間への威嚇をやめず、誰にも引き取られなかった猫。優しい女性に迎えられ、7ヵ月後についに心を開くと幸せいっぱいに

0

ある日、野良猫の『アヤメ』は自分の子供達と一緒に保護されました。その後、全ての子猫が里親さんの元へ旅立って行きましたが、アヤメを引き取ってくれる人は現れず、保健所へと連れて行かれてしまったのです。

そんなアヤメを救ってくれたのが、地元の保護施設のスタッフでした。「私達はアヤメの殺処分の前日に、彼女のことを知りました。すぐに保健所から彼女を引き取ると、養育ボランティアの家に連れて行きました。」

また、施設のスタッフはアヤメを引き取る時に、保健所に入っていた別の子猫も一緒に助け出したそうです。

恐る猫出典:ayameshadowcat

養育主さんの家に着いたアヤメでしたが、野良猫としての生活が長かったため、人間をとても恐れていました。そのため養育主さんの家から保護施設に戻った後も、3年間もの長い間、里親さんが見つからなかったのです。

しかしある日のこと、若い女性が施設を訪れ、その日のうちにアヤメを引き取っていきました。女性は最初から『人間を恐れている猫』を引き取ることに決めていたそうです。

丸くなる猫出典:ayameshadowcat

『アヤメ』という名前は、この女性が名づけました。「私の家には猫の命名規則があります。この家で暮らす全ての猫は、季節の花から名前をとっています。」

アヤメが家に来た日。
人間を極度に怖がるアヤメは、ベッドから出るのを拒み、一日中ベッドの下で過ごしました。

下の猫出典:ayameshadowcat

家に来てから5日後。
ベッドの下でじっと様子を伺っていたアヤメは、新しい家がそんなに悪い場所ではないことに気づきました。それまでベッドの下で食事をしていたアヤメですが、この日からベッドの外で食事をするようになったそうです。

「アヤメはゆっくりとですが、確実に私達のことを信頼してきました。」

ご飯を食べ始めた猫出典:ayameshadowcat

家に来てから2ヵ月後。
アヤメは女性が身体に触れることを許しました。また人間に興味が湧いてきたアヤメは、家族が家事をしている様子を興味深そうに見つめてきたそうです。

「私達はまだアヤメを可愛がることはできません。彼女は今も私達を恐れています。でも最初の頃に比べると、驚くほど前進しました!」

覗く猫出典:ayameshadowcat

アヤメはもう女性から逃げたり、隠れたりしなくなっていました。また、この頃のアヤメは、洗濯物に座ったり、ベッドでくつろぐようになっていたそうです。

入った猫出典:ayameshadowcat

家に来てから3ヵ月後。
アヤメはまだ気を許していませんが、女性は諦めていません。

アヤメはこの3ヶ月の間に、小さな一歩をたくさん踏み出してきました。その一歩一歩が、女性や家族に大きな喜びを与えてくれたのです。家族はみんな、アヤメが自分の殻を破る日が近いことを知っていました。

見つめる猫出典:ayameshadowcat

そんな中、アヤメが家族の耳あてを抱きしめ始めました。

抱っこする猫出典:ayameshadowcat

そして別の日には、家族が脱いだ服に抱きついてきたのです。それはまるでアヤメが服を通して、家族に愛情を示しているかのようでした。

見つめる猫出典:ayameshadowcat

そして、家に来てから7ヵ月後。
ついにアヤメが女性に寄り添って来たのです! (動画)

アヤメはこの日、優しい家族に心を開きました。

アヤメはもう人間を威嚇することはありません。家族の愛情を感じ、自らの力で殻を破ったアヤメには、幸せいっぱいの素敵な未来が待っているのです(*´ェ`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう